スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

HONDAのF1PU.はどこへ

2017イタリアGPのFP(フリープラクティス)での松田次男氏と津川哲夫氏の解説は、自分の思いを代弁して放送してくれました。

勝手に、要約すると、
確かにPUパワーは不足しているかもしれないが、それをシャシーセッティングで補おうとしているように感じられない。クルマはトータルバランスを追求するべきである。
特に、リアウィングの重さはレッドブルのそれと比べると顕著に見て取れる。これで単に「ノーパワー!」はないだろう。パフォーマンスでもトラブルでも、何でもPUのせいにするような発言もおかしい。
といった感じのものだ。
(実際には、もう少し大人な言い方をしていたと思いますが、かなりクッキリと放送してくれた)

私はTV放送で、家で寝っころびながら、(ときどき本当に寝ている)見ているだけですが、HONDA PU.は
スペインGPあたりで少し何かをつかんで、
このイタリアGPで、かなりの手応えを感じたのではないかと思っています。
だからといって、急にバッキューン!とはならないとは思いますが。

しかし、ここに来て、
来季はマクラーレン・ルノー、トロロッソ・ホンダになるのではないかという話がかなり盛り上がってきている。
もしそうなると、来季はマクラーレン・ルノーvs.トロロッソ・ホンダが、トップ争いよりも楽しめるかも知れない。
この2チームのクルマとレッドブルのパフォーマンスを比較できるのも、興味深い楽しみになる。
ドライバーの移籍もからんで、交渉はややこしそうだが、是非、実現して欲しい。

PU&ドライバー交渉結果はもうすぐ出るという噂ですが、交渉が成立したとしたら、今季後半戦のマクラーレンvs.トロロッソもすでに、来季先取りの楽しみの対象になりそう。

今季残りの、グリッド降格を伴わないアロンソvs.バンドーン(このドライバーもここ数戦で何かをつかんだようだ)の予選のガチンコ勝負もトラブルが無しで見物できることを願います。

スポンサーサイト

2017.09.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Motor Sports

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。