スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Linux機からMac OSの共有フォルダをsmb mount の巻

macOS (Sierra)上に共有フォルダを作り、LAN で繋がったLinux(Plano Linux 64)からsamba mount しようと格闘したの巻。

現在2016年の mac OS は samba を標準装備していて、同一LAN上のwindows 機からは、このmacの共有フォルダは容易に接続できました。

そこで、Linux からも容易にマウント出来るだろうと

#mount -t cifs //macのIPアドレス/共有フォルダ linux側のマウントポイント -o ユーザーid

としてみたのですが、あれやこれやのエラーを吐き出して、なかなかうまくいきませんでした。

こういう時は、エラーメッセージを見る、/var/log/syslogなどを見る等でエラーメッセージをgoogleで検索して対処するのですが、どんぴしゃの記事が見つからず、なかなか解決しませんでした。

中でも一番最後 までしぶとく出てきたエラーメッセージが、

mount error(115): Operation now in progress

というもので、in progress ならやってくれても良さそうなものだが、エラーを吐き出した後コマンドプロンプトが出ているので、mountはせずに、終了してしまっているようです。

このLANは、市販ルーターを核にしていて、IP アドレスはルーターのDHCP で割り振っています。Linux,Mac,Win 共にDHCP で割り振るけれども、IP アドレスは固定というふうにしています。このルーター上で各PCに名前をつけているのですが、DNS 的な機能はないらしく、Linux からは名前でLAN上のマシンは認識できないようです。

そこで、試しにLinux 機の /etc/hosts にリストを記述してみたところ、あっさりとmaxOSの共有フォルタがマウントできました。

#mount -t cifs //macマシン名/共有フォルダ linux側のマウントポイント -o ユーザーid,uid=xxx,gid=xxx

コマンドラインの最後の uid=xxx,gid=xxx は、これを付記しない場合は、(mac側の共有設定にもよると思いますが)root所有でマウントされるようです。
$ id
でLinux側のユーザー、グループidを調べて指定するよ良いようです。

これでLinuxからmacの共有フォルダーをマウントできました。

スポンサーサイト

2016.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC,Mac,Linux

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。