スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

MacBook Pro 故障 その4

nVidia GeForce 8600MGT の問題が、購入7年以上経過してしまってから発覚してしまった、MacBook Pro Late2007を修理したところ、うまくいった件の続きです。

前回は、修理後一週間たっても問題ないので、メモリーを4GB(2GB+2GB)から6GB(4GB+2GB)に増やすべく、4GBのSO-DIMMを注文したところまででした。

このSO-DIMMが手元に届く前日、ロジックボードの修理後ちょうど2週間を経過したところで、突如症状が再発してしまいました。

なんということでしょう!!

考えてみれば、GPUの発熱によって、ハンダ結合が怪しくなるのが原因なので、一度修理しても根本の原因はそのままですから、再発しても仕方のないところです。

とりあえず、もう一度修理ということで、今度は、電気アイロンを使ってみました。
しかし、その処置後、2度と画面が点灯することはなくなったのです。
失敗してから考えた原因ですが、この電気アイロンは、一定の温度を保ちやすいことと、加熱する面積も調整しやすい利点はありますが、どうしてもGPUチップに機械的な圧力がかかってしまうところが難点です。

やはり、今のところ、考えられる方法のうちベストの加熱方法は、ヒートガンです。


さて、息の根を止めてしまった この MacBook Pro をどうするか?ですが、

1.使える部品を取り出して廃棄する。
2.ロジックボードを入手して交換する。
3.GPU交換サービスを利用する。

を検討しましたが、悩んだ結果 2 にしました。

ロジックボード入手の場合、同じGPUチップ(G84-602)ではなく、対策済みのもの(G84-603)にします。
国内では見つからず、eBayで探したところ、G84-603に換装したロジックボードが見つかりました。
ついでに、CPU(インテル Core2-Duo)を2.2GHzから2.4GHzのものを選びました。
(GPU交換サービスも USAでは取り扱っている業者がありますが、送料が往復分発生するので回避)

ロジックボードが届いて、早速交換したところ、あっけなく OS Xが起動しました。
今のところ CPU Core2-Duo 2.4GHz & Memory 6GB & G84-603 、OS X 10.9.2 として、快調に動作しています。

この MacBook 修理シリーズは、この先何もなければ、これにて完!

スポンサーサイト

2014.03.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。