スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

FMアンテナを建てる

我が家で、FMラジオを聞く場合、T型の簡易アンテナでNHK FM と FM横浜は、わりと良く入ります。(神奈川県小田原市)
もう少し、安定して良い受信を、ということで、今まで、2素子の位相差給電型のものを軒横に設置していました。

最近は、radiko とか、らじる とかのインターネットラジオもあって、BGMとして私も結構利用していますが、NHKとかで比較すると、従来からの電波+FMチューナーに比べると、音質がイマイチです。

たとえば、毎朝、radikoで、インターFMのバラカン モーニングを聞いているのですが、せっかくの音楽番組をもう少し良い音質で聞けないか?と、今度は5素子の八木アンテナを設置に挑戦してみました。

あれこれ工夫して、地上約5.5mになんとか、デかい5素子のアンテナを設置して、アンテナの角度を調整してみました。本当は、もっともっと高い所に設置したいのですが、自分で設置できそうな高さは、これが限度。

結果、2素子のアンテナより、かなり状況は良くなりましたが、東京FMとJ-WAVEはノイズがまだ多く快適ではありません。インターFMは、それよりももっと、厳しい状況です。
FMチューナーのシグナルメーターでいうと5/5MAXとして、東京FMとJ-WAVEが4/5くらい、インターFMが2/5くらいでした。

そこで、アンテナポール付近に、ブースターを増設したところ、全局シグナルメーターで5/5にできました。
しかし、東京FMとJ-WAVEは、特に女性のサ音に乗るノイズがまだかなりあって、快適ではありません。
インターFMは、もっと状況が良くありません。
ブースターは、基本的にアンテナ〜チューナーまでのケーブル損失を補うもので、そもそもアンテナ直後の信号にノイズが乗っていると、ノイズも一緒に増幅してしまいます。

そこで、今度はアンテナの高さを、下げて行きました。
これが、下げると下げる程、ノイズが減っていくではありませんか!
理由として、最初の高さ5.5m付近には、電波方向のわりと近いところに、電線が分布していることが考えられます。約1mは下げたので、現在の地上高は約4.5mです。気持ちとしては、もう少し下げたいのですが、下方向にも限度があって、これまでのようです。
東京FMと、J-WAVEは、満足ではありませんが、かなり快適になりました。
インターFMは、まだノイズが多く快適ではありません。モノラルにすると、少し改善します。

という感じで、5素子の八木アンテナは、イマイチだったか?というと、予想外の恩恵が得られました。
元々、良く受信できていた(と思っていた)NHKとFM横浜の受信音質がとても上質になったのです。
これで、NHKのウィークエンドサンシャインは、とても楽しい状況になりました。
CD音質、または、それ以上かも知れません。CD音質以上というのはオカシイと思うかも知れませんが、おそらく放送局で使っている機材が、とても上質なのだと思います。

また、小田原でも、2階の屋根上等の条件の良い所に5素子のアンテナを設置すれば、東京FMとJ-WAVEは、おそらくかなり快適な音質を得られるという感触はあります。インターFMは?ですが、送信側の状況が改善されれば、期待できます。

以上、今さらの、アナログアンテナ実験の顛末でした。

スポンサーサイト

2013.12.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | audio

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。