スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ジェンベの叩き方を探る

今台風が接近中で、今朝はさっそくザーっと降ったのですが、今は日差しがあります。
しかし天気図を見てみると、まだ油断禁物、これからが本番かも。

2008年の10月にジェンベのNGな叩き方(ごく初球)というのを掲載しました。
時期的には、リーマンショックの直後でしたね。

今回は、叩き方ではなく、叩き方をどう探るかについて書いてみます。
とはいっても、私のやっている方法は、実に単純で、

1.自分の音を聞く。
2.自分の音に不満だったら、叩き方を変える。

この二つを繰り返すだけです。
大抵は、自分の音には必ず不満がありますから、永久ループになりますね。

ハイ、さようならと、ここで終わっては、身も蓋もありませんので、少し解説?を加えてみます。



1.自分の音を聞く。
 こう書いたのは、多くの場合、本人が思っているより、はるかに音は出ていないからです。
 客観的に自分の音を聞くために、文明の利器を使います。
 すなわち、自分の音を録音して、それを聞いて幻滅するところから、このループを始めます。
 
 録音機材は、特に必要ありません。
 携帯電話のボイスレコーダー機能を使います。
 そのまま録音してしまっては、音が割れますので、タオル等で電話をぐるぐる巻きにして、感度を落とすと良いでしょう。

 録音音質が不満の場合、つまり、俺の音が悪いんじゃない!、録音機材が悪いのだ!と思う人は、それなりの機材を試してみると良いです。もっと幻滅することになるかも知れませんが。

 または、自分に落ち度はない、自分のタイコが良くないのだ!、という人は、良い音を出している人のタイコをなんとかして借りて、持ち主と自分の両方の音を録音すると良いでしょう。ここまでやると、言い訳のしようが無くなりますが、このループを始めるにあたって、良いきっかけになります。


2.叩き方を変える。
 
 録音した音を聞いて、何を感じて叩き方を変えるかというと、

 そもそも、音が良くない。
 あるリズムパターンを叩くと、叩き分けが怪しくなってくる。
 あるパターンで、速度を上げていくと、早い段階で、音質やリズムが乱れてる。リズムが乱れているというのは、バラバラになってしまうのではなく、だいたいできているが、何となくちょっと拙い感じに聞こえる場合。

 などでしょうか。

 叩き方を変えるというのは、プロ野球の選手とかがフォームを改良したとか良く聞きますが、おそらく同じようなことだと思います。
 


慣れてくると、録音しなくても、叩きながら自分の音質を客観的に判断できるようになってくると思います。

かく言うワタクシも、ずーっとエンドレスループの中。例えば、
先日、スネアドラム等で使うスティックの振り方をレクチャーしてもらう機会がありました。もちろんハンドドラムとは別物ですが、スティックの感触からインスピレーションを得て、ジェンベの叩き方を少し変えてみました。
どう変えたか?と問われても、とても感覚的なもので、う〜ん。。。
スティックでゴムの練習パッドを叩いたのですが、その時にスティックを通して感じた何かなのですが。


こんなことを書いたのは、実に久々ですね。
実は、以前も、これと同じようなことを書いたことがあるのですが、ブログのサーバーに送った途端に、私の作業がブラックホールに吸い込まれてしまった経験があったのでした。
今度は、どうかな?

 

スポンサーサイト

2013.09.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。