スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

音声デジタル

TVの音楽番組や、モータースポーツ番組などを視聴する時、音声をオーディオ装置で再生すると嬉しさ倍増!なのですが、昨今のデジタルTVは、音声(ライン)出力がいわゆる赤白のピンジャックではなく、光デジタル出力になっておりまして、従来のようにホイホイとは接続できません。

物理的な接続も違いますが、従来のアナログなオーディオ装置に接続するためには、デジタル信号をアナログ信号に変換しなくてはなりません。

幸い、手元には以前試作したDAコンバーターがありました。
DAC1794-1.5というオリジナル基板と、小口販売されていないICとをセットで頒布している有難いサービスお気楽オーディオキット資料館で基板等を入手して組み立てたもので、当時はマランツCD880Jのライン出力とデジタル出力+DACを聞き比べて楽しんだものです。

このDACをTV視聴用に転用しようとしたのですが、同じS/PDIF信号でもデジタル入力コネクターがDAC側が同軸(ピンジャック)になっていて、TV側が光コネクターなので接続できません。
このDACに3V駆動の光受信モジュールを追加すれば、TVと接続できそうです。


東芝TORX147というモジュールが3V駆動ですが、なかなか小口販売されていないようです。
そこで、EverLight PLR135/T9というモジュールを使ってDAC内に設置したところ、無事に音声デジタル結合できました。この PLR135/T9は、駆動電圧が2.4〜5.5Vとなっていて、3Vでも5Vでも使えるのがありがたいです。

ここに至るまでの失敗談があります。
東芝TORX147を見つけて購入したつもりが、東芝TOTX147(一文字違い!形状も同じで、機能は「送信」モジュール!)だったのです。
送信モジュールとは気づかず、配線してしまい、「何故動作しない?」と悶々と悩みました。
この一文字違いに気がつくまで、かなりの日数を費したことを告白します。

スポンサーサイト

2012.06.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | audio

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。