スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

毎日同じ川を眺めたり、川岸を散歩していると、いろいろなことに気がつくのですが、

その一つが、水の色。

日照りが続きすぎると、水位が下がって、主に流れの止まっているところに、あまり美しいとは思えない浮遊物がどんどん溜っていき、

なすすべもなく放っておくと、そのうち大雨が降って、川の水位がぐっと上がり水は泥の色になってやや凶暴な流れになり、

洪水の恐怖も喉元過ぎて雨が降り止んでしばらくした頃には、水位は元にもどって、水の透明度が元に戻る、

という具合。



なにげなく地図上の川の線を眺めていたら、まるで血管のように見えてきました。
血管において、川のように自浄作用を働かせるためには、時々血流を速くすれば良いのですね。
運動する、アタマを使う、ヨガをする、ツボを刺激する、などは血流という観点からは同じ目的なのかもしれません。


話を川に戻すと、時々自分と同様川を眺めている人を見ますが、なぜか性別は必ず男です。(笑)
たしか、吉田拓郎の歌にもありました、
♪ 年老い〜た男が 川面〜を見つめて ♪

スポンサーサイト

2012.06.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。