怪文書か否か

以前より知っている人から見ると、「何をいまさら」ということになると思いますが、

先日、書店で
「原発がどんなものかしってほしい」という私的に出版している感じの小冊子を見つけたので、購入して読んでみました。
この文章は、かなり前からインターネット上で公開されていて、有名な文書らしいのですが、私は今回初めて書店で存在を知りました。なお、小冊子の頒布価格は105円で、経費にも満たないかも知れないと感じました。

インターネット上のリンクは原発がどんなものか知ってほしいです。


この文書に関しては、インターネット上で

怪文書である。
嘘である。
平井氏本人が書いたものではない。

などの意見も沢山ありますので、興味のある方は検索して調べてみてください。

私自身も、おやっ?と思ったのは、
「7.放射能垂れ流しの海」の項にある
『原発はすごい熱を出すので、日本では海水で冷やして、その水を海に捨てていますが、これが放射能を含んだ温排水で、一分間に何十トンにもなります。 』
という部分で、「その水を海に捨てている」のところは「その熱を海に捨てている」の間違いだと思います。

ついでに書かせてもらいますと、この意味で「原発はCO2は発生しないので地球温暖化の原因にならない」というのは正しくありません。原発は炉の冷却のため海水と熱交換しているので、海水を温め、地球温暖化に貢献しています。

この「小冊子」は、先日友人を通じて旅に出すことにしました。

スポンサーサイト

2011.09.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索