ドラえもんな夏

16日の夜は、港区の山ちゃんで、「馬場君を偲ぶ会」でした。
私からは「馬場さん」と表記すべきでしょうが、正式名称が「馬場君を偲ぶ会」であります。

帰路の小田急が、一度乗ってみたかったドラえもん号でした。
この特別かラーリングの電車には、なかなか当たらないと思っていたので、これは何と言うか、御利益というものでしょうか。
車内も藤子不二雄ワールドになっていますが、アニメカラーで派手な外装と比べ、車内はシックな落ち着いたデザインだと思います。

少し遡って6ー7日は、One night pokara~春のうららさんの新盆まつりでした。

日本の色々な所から、ゆかりの人が集まって、少しの間だけ時間を共にして、「じゃあまた」と言って別れる。
まつりとか、集まりというものは、そういうモノなのでしょうが、時節のせいか今回は、ちょっと不思議な感触がありました。

今年の夏は、仕事の都合で、盆休みも無く、この先も週末はイベント続きで、とてもハード。
だから、ありがとう、ゆかりの人々、そして、ドラえもん号。

スポンサーサイト

2011.08.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索