スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

手製MT管用簡易シールド

五輪開催に少し先だって、フィギュアスケートのジャンプの種類について新聞に解説があったので、TV観戦の友にしています。
アクセルジャンプだけは、前に滑走しながら飛ぶので分かりやすいですが、トーループ、サルコー、フリップ、ルッツって良くわからないですよね。新聞で片手にその辺を注目してTVを見ていたら、目が回ってくらくらしてしまいました(笑)

冬季五輪では、アルペン滑降も好きなのですが、日本人選手が出場しないので地上波ではほとんど放映されないのが残念。

閑話休題。

真空管アンプを製作していると、MT管のシールドを試してみたくなることはありませんか?
シールドをつけるには、ソケットの交換が必要だったり、長さが合わなかったり、簡単に装着できるものはちょっと高価だったりするので、簡易シールドを手製してみました。真空管が鉛直方向でに正立している場合のみ使用可です。

材料は、トイレの廃品と台所用品です。
a.トイレットペーパーの芯
b.アルミホイル
c.アルミテープ(粘着テープ状になっているもの)

1.トイレットペーパーの芯をハサミで切って該当する真空管にぴったり巻き付けて、マスキングテープなどで止めます。これが型になります。円筒の両端もある程度きれいに切り揃えておきます。

2.次に,型の上にアルミホイルを一巻+αします。

3.アルミホイルの上から、アルミテープを好きなだけ巻いて、両端を型(トイレットペーパーの芯)に沿って切り揃えます。



shield1

4.アルミの筒を型から抜くと、シールド筒が出来ます。このまま使っても良いのですが、片側の縁を下の写真のようにアルミホイルで処理すると、真空管との芯ズレ、ガタつきが少なくなり、万一アルミテープの糊が浸み出してもアンプを汚しません。



shield2


実際に試してみたところ、効果を実感できました。

スポンサーサイト

2010.02.17 | | コメント(1) | トラックバック(0) | audio

コメント

その後

NHK総合で(録画ですが)アルペン滑降を男女連続で放送してくれました。感謝!

2010/02/22 (月) 17:59:10 | URL | 権兵衛 #EEyenMWo [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。