スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Oh! 脳~

梅雨空が続いていて、気分もどんより~、という季節ですが、みなさんジェンベの皮は無事ですか(笑)。
この時期は、トラブルが起きやすいもので。。。


少し前に、「ライディングの科学ー和歌山利宏著」という、オートバイの運転技術について理論的に解説した本を図書館で借りて読みました。この手の理論で私が今まで読んだものは、いづれも私には理解できないものばかりでしたが、この本は違います。

早速、実際に愛車に乗って、試してみたら、今までとかなり違うライディングの世界の入り口が見えてきました。慣れてないので、まだまだ、ぎこちないですが、こういう長年慣れ親しんだモノを変えるというのはとても面白い瞬間です。

そして、この本の最後の方の章に、脳とライディングについても詳しく記述があって、
そこに

「うまくなるためには考える、でも、うまく乗れているときは考えない」

という、実に印象深いフレーズが出てきました。(本の中の実際の文言は、ちょっと違うかも)

実際、走っているときに、左脳、右脳などの大脳を経由して処理していると、とっさの時に間に合わないのだそうです。そんな時に、すばやく処理できる、ショートカットののうな神経回路を作っておかなくてはいけないのでしょうね。



というワケで、西アフリカンなリズムについても、これをあてはめてみます。
DNA的にも幼少時の体験的にも、西アフリカンなリズムについて我々はショートカットのようなものは、持っていないワケですから、感覚的にわからなければ、理屈をこねてアタマを使って覚えこませる、というのは、なかなか有効な方法ではないかと思います。

この音楽の場合、こういう方法は否定されることが少なくないですが、

「うまくなるためには考える、でも、うまく叩いている時には考えない」

のであれば、いづれ考えなるなるので、OK!

だけども~♪問題は~♪
「考えなくなるのはいったい何時なのさ?」

スポンサーサイト

2009.07.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。