スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

グラフで見るジンベの音 その2

第二弾です。
ちょっと打ち方を変えてみました。

先ずはBass(グラフをクリックすると拡大)



お次ぎは トン(中音)
k29_06sep21_tone.jpg


そしてスラップ(パン、高音)
今回は、主にこのスラップの叩き方を変えてみました。
前回に比べてピークの周波数が下がったものの、山が一つに集約されて、すっきり感がでました。
願わくば、このピーク周波数を、このグラフの530から、700Hzくらいに上げたいところ。(トンの2倍くらいが目標)
k29_06sep21_slap.jpg


このように wavで録音する器材を持っていない人には、カセットレコーダーで充分なので、録音して自分の音を客観的に聞いてみることを、おすすめします。
実際、私のipodのボイスレコーダー機能は、音質としては昔のカセットレコーダーより劣るような気がします。

どうも、自分が叩いている時の音というのは、ひいき目(耳?)になりがちなようで、これを「つもり音」と表現したら良いのでしょうか、実際に録音して聞くと、ずいぶん違って聞こえます。
でも、何回も録音していくにつれ、ひいき度が低下(正しい方向)してきました。
さらに、このようにスペクトルの波形グラフで、非常に厳しい現実というものが見えてきます(笑)

スポンサーサイト

2006.09.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | FFT

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。