梅雨どきとタイコの口径

毎年のことですが、この時期、湿度でタイコ(ジェンベ)の音程がじりじりと下がって行きます。

下がっていくからといって、ピッチを上げるのは危険なので、放っておくのですが、
放っておくと、音の落ちが激しいのは口径の大きいタイコで、小さめのタイコは影響が少ないようです。

梅雨どきじゃなくても、大口径のものはテンションが下がりやすいので、やや手間がかかると言えます。
そういう意味で、28~30cmくらいのジェンベは、比較的音程が安定していて、取扱いが楽、音もなかなか良いし、重さも手軽でオススメです。パワーと音の深みは大口径のものと比べると劣りますが、音量が気になる場所では、それが逆にメリットになります。

私自身、いちばん触っている時間が長いのは、おそらく手持ちの中では29cmのタイコです。音を出す機会が多いと、その分タイコも音が出るようになるようです。

スポンサーサイト

2008.06.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索