スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Firefox Linux x64 FlashPlayer

長年、Linux(32bit) 環境でブラウザFirefox を使ってきたのですが、昨年からLinux x64に移行しました。

64bitにしてから、FirefoxとFlashPlayerのバージョン(リリース)アップを適用する度に、長年染み付いた32bitの方法でインストールしてしまい、右往左往してしまいます。

これは、次回アップデートの時のための、備忘録のようなものです。

OSは、Plamo Linux5.2(64bit)です。

まず、Firefox の最新版をダウンロードしにいくと、使っているOSを自動認識してくれるので、単に「ダウンロード」をクリックすればOKのはずですが、これが Linux 32bit用をダウンロードしてしまいます。
これに気がつかず、/usr/lib64 にインストールすると失敗します。
これは、「他のOS & 各国版」から、日本語/Linux 64bit のものを選択して、/usr/lib64にインストールすれば OK。

次に、flashplayerの更新です。
install_flash_player_11_linux.x86_64.tar.gzから、libflashplayer.so を抜き出して、+x属性にして、つい
/usr/lib64/firefox/plugins
に入れてしまうのですが、これでは更新されないようです。
libflashplayer.so は、~/.mozilla/plugins/ に入れれば OK。

なお、32bit版のfirefoxを使用する場合は、/usr/lib/にインストールすると動作しました。
この場合の libflashplayer.so は、64bit版のものを使い、インストール先も、~/.mozilla/pluginsで機能しました。

スポンサーサイト

2014.05.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。