スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スマートフォンを低機能電話として使う その2

スマートフォンを低機能電話として使う その2  SO-03C であります。

まず、ドコモとの契約ですが、SPモード契約( i mode可)というメール契約にしました。月額費用は i mode と同じです。

設定は、
3G通信を切る。(データ通信を無効にする)
自宅のwifiに接続する。
SPモード設定(wifiで利用する設定、メールアドレスは i modeの方に設定)
Nokia NM706iからの電話帳コピーは、SDカード経由で簡単でした。
という感じでした。

これで、自宅では wifi経由で i mode メールの送受信が可能になりました。

外出時は、当初は
バックグラウンドで送受信切り
3G通信オン
の操作をしていましたが、i mode メールが送られてくると、3G通信がオフでも、何かメールが送られてきた通知はされるようです。これは、その通知がショートメール通信を使っているかららしいです。

というワケで、最近は在宅も外出も
バックグラウンドで送受信切り
3G通信オフ
の状態で使っています。

その1で書いたように、スマートフォンであっても、私は殆ど通話(&ほんのちょっとメール)にしか使いません。(スマートフォンにした理由は、その1をご覧ください。)

こうした使い方をすると、驚いたことに、電池が平均8日間持ちます。充電間隔が8日毎!です。

残念なのは、SPモードメールが、ピンチイン/アウトに対応していないことです。
設定で文字を大きくしても、拡大されるのは一部だけでした。
私の場合は、ほとんど初期設定の大きさで、文字の判読は可能ですが、濁点と半濁点の判別など、たまに拡大したい場面があるので、できればSPモードメールは、ピンチイン/アウトに対応して欲しいものです。

スポンサーサイト

2013.08.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | nokia

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。