スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

7~8月 TROYの告知

昨夜半、ゴォーっと闇の中を獰猛な獣のように唸って去ってゆく台風4号でした。

<7~8月の練習日>
7月 15日(日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
8月 19日(日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム ヤンカディ・マクル、バラクランジャン

-----

この練習会は、原則年間2リズムを月イチで継続的に練習する、自主練習(研究)会です。
西アフリカのリズムに興味のある方なら、どなたでも参加できます。
リズムパターン、アイデアなどは、できれば相互の持ち寄りが基本です。

参加費用は施設利用料として300円/人です。
通年参加の人には、年頭に利用料を一括でお支払いいただいています。

スポンサーサイト

2012.06.20 | | コメント(1) | トラックバック(0) | たいこ

音声デジタル

TVの音楽番組や、モータースポーツ番組などを視聴する時、音声をオーディオ装置で再生すると嬉しさ倍増!なのですが、昨今のデジタルTVは、音声(ライン)出力がいわゆる赤白のピンジャックではなく、光デジタル出力になっておりまして、従来のようにホイホイとは接続できません。

物理的な接続も違いますが、従来のアナログなオーディオ装置に接続するためには、デジタル信号をアナログ信号に変換しなくてはなりません。

幸い、手元には以前試作したDAコンバーターがありました。
DAC1794-1.5というオリジナル基板と、小口販売されていないICとをセットで頒布している有難いサービスお気楽オーディオキット資料館で基板等を入手して組み立てたもので、当時はマランツCD880Jのライン出力とデジタル出力+DACを聞き比べて楽しんだものです。

このDACをTV視聴用に転用しようとしたのですが、同じS/PDIF信号でもデジタル入力コネクターがDAC側が同軸(ピンジャック)になっていて、TV側が光コネクターなので接続できません。
このDACに3V駆動の光受信モジュールを追加すれば、TVと接続できそうです。


東芝TORX147というモジュールが3V駆動ですが、なかなか小口販売されていないようです。
そこで、EverLight PLR135/T9というモジュールを使ってDAC内に設置したところ、無事に音声デジタル結合できました。この PLR135/T9は、駆動電圧が2.4〜5.5Vとなっていて、3Vでも5Vでも使えるのがありがたいです。

ここに至るまでの失敗談があります。
東芝TORX147を見つけて購入したつもりが、東芝TOTX147(一文字違い!形状も同じで、機能は「送信」モジュール!)だったのです。
送信モジュールとは気づかず、配線してしまい、「何故動作しない?」と悶々と悩みました。
この一文字違いに気がつくまで、かなりの日数を費したことを告白します。

2012.06.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | audio

毎日同じ川を眺めたり、川岸を散歩していると、いろいろなことに気がつくのですが、

その一つが、水の色。

日照りが続きすぎると、水位が下がって、主に流れの止まっているところに、あまり美しいとは思えない浮遊物がどんどん溜っていき、

なすすべもなく放っておくと、そのうち大雨が降って、川の水位がぐっと上がり水は泥の色になってやや凶暴な流れになり、

洪水の恐怖も喉元過ぎて雨が降り止んでしばらくした頃には、水位は元にもどって、水の透明度が元に戻る、

という具合。



なにげなく地図上の川の線を眺めていたら、まるで血管のように見えてきました。
血管において、川のように自浄作用を働かせるためには、時々血流を速くすれば良いのですね。
運動する、アタマを使う、ヨガをする、ツボを刺激する、などは血流という観点からは同じ目的なのかもしれません。


話を川に戻すと、時々自分と同様川を眺めている人を見ますが、なぜか性別は必ず男です。(笑)
たしか、吉田拓郎の歌にもありました、
♪ 年老い〜た男が 川面〜を見つめて ♪

2012.06.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。