スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

いなとチャレンジ その7

先日、書店で永田農法についての本を見つけたので、ぱらぱらと立ち読みしてみたところ、液肥を与える間隔とかが明記していました。おかしいな?と思って著者を見てみると、やはり永田さんの著ではありませんでした。

永田さんの本は、2冊程しか読んでいませんが、液肥を与えるタイミングは植物の状態をよく観察して決めるものだ、という暗黙のメッセージを感じていたからです。

でも、今回書店で見た本の追肥間隔と比べると、私のはやたら長い。
やはり、今回の作は栄養失調だったのでしょうか?


さて、生き残っている「なす」ですが、一つの花だけ結実しました。現在長さがやや短くて、いわゆるなすび型ではなく丸々と太っている感じです。

アブラムシは、先月はアリと均衡している感じですが、現在はアリの数がめっきり減ってしまいました。
アリさんは、もうアブラムシは飽きてしまったのでしょうか?

スポンサーサイト

2010.09.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 栽培

亡国へ

少し前までは、日本の政府中枢米国人がたくさんいる、と思っていたけど、今度の政府には支那人(シナ=チャイナの方がインターナショナルでしょ)が多くいるみたいだ。

日本の中枢に外国人がたくさんいるんだから、国がまともになるとは思えない。

各々、亡命先を考えておいた方が良いかも知れない。

2010.09.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

10~11月 TROYの告知

今月の練習は、通常練習日の前日に特別野外練習つき、と2日連続でした。
野外練習は、大きな富士山を見ながら、のはずでしたが、残念ながら雲が出てしまいました。

ただ、野外の反射する物がない場所で叩くと、一打音がとても短くなって微妙に外すと非常にくっきりとわかってしまいます。加えて音の馬力の無さが露呈。

たまには、違う環境で音だしすると良い音チェックになりますね。


<10~11月の練習予定>
10月 11日(月=体育の日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
11月23日(火=勤労感謝の日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム:クク,ソリ

この練習会は、原則年間2リズムを月イチで継続的に練習する、自主練習(研究)会です。
西アフリカのリズムに興味のある方なら、どなたでも参加できます。
実態は別として、リズムパターン、アイデアなどは、相互の持ち寄りが理想です。

参加費用は施設利用料として300円/人です。
また、貸しジェンベも用意できます(要事前予約)。マイ・ジェンベ持参の方とのバランス上、貸しジェンベは大/中/小、それぞれ400円/300円/100円としています。利用の際は当記事のコメント等で、ご連絡ください。

万年初心者を自称するこの練習会ですが、へなちょこでも流石に5年も経過しているので、全く初めての方が来ると不本意ながらやや敷居が高く感じるようになってしまったかも知れません。でも、実際はたいしたことはないので、のめり込んで3ヶ月~半年くらい練習すれば追い付き、のめり込んで1年練習すれば、きっとエースになれます。

2010.09.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

永続しそうな予感

白鵬強し。

まるで負ける感じがしない。

なにしろ、白鵬に勝てそうな力士が見当たらない。

69連勝どころか100連勝くらいするのではないだろうか?



日本弱し。

政治、経済の閉塞感が止まらない。

どうにも、好転する予感が微塵もしない。

失われた20年どころか、50年くらいは続くのではないだろうか?
(一体底がどこにあるのかも計り知れず。。。)



諸行無常とはいいますが。。。

今日も勝つんだろうなぁ。。。


2010.09.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

対岸の火事がやって来た

昨日9月8日は、大雨でした、神奈川県小田原市です。

雷も2発どこかに落ちた音を聞きました。

久々の雨、よく降るなぁ、極端だなぁ~と思っていたら、午後3時くらいから消防のサイレンの音がたくさん通り過ぎて行く。雨が降っていなければ、ちょっと外に出て確かめたくなるくらいの消防車のサイレンの音がそこら中。

そこで、ちょっと窓から外を除いてみたら、家の前の道路が完全に冠水して川になっていました。

流石に不安になって、ちょくちょく外を覗くようになり、川の深さが10cm程になった時には、ぴったりと窓に張りついてしまいました。

このペースで降り続いたら、絶対に家に浸水する!

TVをつけると、酒匂川が危険水位!!!。

酒匂川は、かつて暴れ川で江戸時代に洪水の被害があまりにも甚大で度々なので、領地を一度小田原藩から幕府直轄に移して強大な堤防を築いたと聞いています。

その話を思い出して、こりゃイカンとばかりに、逃げる準備。

家の中で一番低い玄関のモノを上にあげて、リュックに多少物を詰めて、あとは腹ごしらえ(たぶん、これ大事)

幸いなことに、そこまで準備をしていく内に、雨が小降りになって、少しづつ道路の水位が下がっていきました。

時々TVでガケくずれで家がつぶされたり、川に家や車が流されたりする画像を見ますが、そういうニュースを見ても、たぶん自分にはそんな災害はやって来ないと勝手に決めつけてしまうのは、一体どうしてなんでしょうね?



もうすぐ地震がやってくるかも知れない。
歩道を歩いていたら、車が突っ込んでくるかも知れない。
首都を狙った北朝鮮のミサイルが制御誤差で小田原に落ちるかも知れない。

なんて考えてたら生きていけないので、そういうところは神さまが鈍く作ってくれたんでしょうか?
さらに、一度痛い目にあっても、喉元過ぎれば何とやらとも言います。
結局、なるようにしかならないってこと?

2010.09.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ひとりごと

怖いもののおとなりさん

金縛りにあったことありますか?

(9月に入っても暑さが衰えないので、ホラーな書き出し)

怖いですねー、金縛り。
私が一番良く覚えているのは、金縛りがやって来て体が動かなくなったところで、何者かが掛け蒲団の首元のところを持って強く何度もバホバボ。あの時は、本当に殺されるかと思いました。

金縛りというのは、体が完全に眠っていて、脳だけが起きているような状態。
そりゃ、怖いよね、何の抵抗もできないんだから。
でも、そこで、恐がらずに一歩踏み出して、何か別の行動をイメージすると、それができちゃうのだそうだ。
その行動が、不可能だと思っていたことでも、何でも!!!
だから、金縛りはドラえもんの世界への入口でもあるのだ。

この話は、最近ハマッている作家 川上未映子さんの最新エッセイ集 「夏の入口、模様の出口」--- 新潮社 で初めて知ったのでした。



というワケで、もう二度と体験したくないと思っていた金縛りですが、

--- 今や --- 「来い、金縛り!」

と心待ちにしているような具合。

でも、今までアレがやってきた時って、全部仕事がパンパンにつまって、もう納期間に合わん!、がんばるったって、もう疲れ切ってるし、どうしよう~~~、決まって、そのような時期だったのでした。

このような不況が長引いてしまっている今は、やって来てくれないんだろうな、あいつは。

2010.09.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。