スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

続) 6BX7 PPアンプ

だいぶ気候がゆるくなってきました。

昨年製作した6BX7全段差動pp(push-pullプッシュプル)アンプで、ずーっと気になっていたことがあったのですが、ようやく改修できましたので報告します。

(回路図のサムネイルをクリックすると拡大します)
図中の電圧値が改修前のものになっています。後日差し替えます。


2010.May.03 回路図を差し替えました。
先のことになりますが、もう少し回路をいじる予定です。

いまのところの、改修予定は
初段の共通カソード部にも、バランス回路を追加。
初段のプレート抵抗とプレート電流の見直し。
無線別で投入してしまった、定電流回路に使用しているトランジスタと定電流ダイオードを交換。
です。

6BX7_pp_sche_10may03

さて、今回行った改修部分はほんの一部で、出力段6BX7のグリッド抵抗のところにバイアス調整用の回路、カソード下に電流測定用の抵抗を付け加えただけです。(カソード抵抗は実機には以前から入っていましたが、回路図上で抜けてました)

6BX7は双三極管で、1つの管の中に2つの三極管が入っているのですが、この2つの三極管がペア特性になっているわけではなく、実際結構ばらつきがあるようです。一応アンプが完成した後、このことはずーっと気になっていたのですが、今回やっと重い腰を上げて、試してみました。

調整は6BX7のカソードにぶら下がっている1オームの両端の抵抗にかかる電圧を測定しながら、グリッド抵抗下の半固定抵抗を調整して、上下の球のIpがだいたい等しくなるようにします。

調整後音出ししてみたところ、その効果は絶大でした。
双三極管の場合、ペアチューブというのはあり得ない以上、この調整は必須といえそうです。
(ペアチューブの場合でも調整を入れた方がいいですね)

-----

周波数特性については測定しなおしました。
前回は測定器が無く、2206を使った手製発振器と、オシロで大ざっぱな測定でした。

この手製発振器に少し手を入れて使いやすくしようとしていたのですが、結局手を入れて行くよりも中古のオーディオジェネレータを購入した方がコストパフォーマンスが良いと判断して、LEADER ORC11(中古)を入手しました。

また、前回交流電圧の測定にオシロの波形読み取りというかなりアバウトなことをやっていましたが、これも中古のミリボルを入手しました。菊水の161Aという真空管式のかなり古いもの(安い!)で精度が気になるところですが、オシロと発振器とを組み合わせて検証したところ、だいたい合っているようです。程度問題ですが、結局アバウトな測定になってしまうのは、私の性格によるものと確信しました(笑)

ただ、このミリボル(管球式なのでミリバル?)は最小レンジでのフルスケールが15mVですので、残留雑音等を測定する場合は、最小レンジでフルスケール0.3mV~1.5mVくらいのミリボルの方が良いと思います。

6BX7_f_quality_2

グラフ上200KHz~500KHz間のしゃくり上げるカーブはソフトウエア上でスプラインでつないでいるため実際とは異なります。(200KHzと500KHzの2点は測定、その中間は測定していません)

これでだいぶすっきりしました。
今回のこの改修は作業的には大したことではないので、もっと早い時期にやるべきでした。

スポンサーサイト

2010.02.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | audio

告3月 TROY

2月の練習は、クク(パターン1)にクク(パターン2)をくっつけてみました。
これにクク(パターン3)をくっつけて組曲にしたいと思います。

今年の2曲目は、(まだやってませんが)ソリにしようかなと思います。ソリは再登場ですが、前回はちゃんとできてなかったのもあって、やり直し!

<3月の練習予定>
3月21日(日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム:クク,ソリ

この練習会は、原則年間2リズムを月イチで継続的に練習する、自主練習(研究)会です。
西アフリカのリズムに興味のある方なら、どなたでも参加できます。
実態は別として、リズムパターン、アイデアなどは、相互の持ち寄りが理想です。

万年初心者を自称するこの練習会ですが、へなちょこでも流石に5年も経過しているので、全く初めての方が来ると不本意ながらやや敷居が高く感じるようになってしまったかも知れません。でも、実際はたいしたことはないので、のめり込んで3ヶ月~半年くらい練習すれば追い付き、のめり込んで1年練習すれば、きっとエースになれます(笑)

2010.02.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

手製MT管用簡易シールド

五輪開催に少し先だって、フィギュアスケートのジャンプの種類について新聞に解説があったので、TV観戦の友にしています。
アクセルジャンプだけは、前に滑走しながら飛ぶので分かりやすいですが、トーループ、サルコー、フリップ、ルッツって良くわからないですよね。新聞で片手にその辺を注目してTVを見ていたら、目が回ってくらくらしてしまいました(笑)

冬季五輪では、アルペン滑降も好きなのですが、日本人選手が出場しないので地上波ではほとんど放映されないのが残念。

閑話休題。

真空管アンプを製作していると、MT管のシールドを試してみたくなることはありませんか?
シールドをつけるには、ソケットの交換が必要だったり、長さが合わなかったり、簡単に装着できるものはちょっと高価だったりするので、簡易シールドを手製してみました。真空管が鉛直方向でに正立している場合のみ使用可です。

材料は、トイレの廃品と台所用品です。
a.トイレットペーパーの芯
b.アルミホイル
c.アルミテープ(粘着テープ状になっているもの)

1.トイレットペーパーの芯をハサミで切って該当する真空管にぴったり巻き付けて、マスキングテープなどで止めます。これが型になります。円筒の両端もある程度きれいに切り揃えておきます。

2.次に,型の上にアルミホイルを一巻+αします。

3.アルミホイルの上から、アルミテープを好きなだけ巻いて、両端を型(トイレットペーパーの芯)に沿って切り揃えます。



shield1

4.アルミの筒を型から抜くと、シールド筒が出来ます。このまま使っても良いのですが、片側の縁を下の写真のようにアルミホイルで処理すると、真空管との芯ズレ、ガタつきが少なくなり、万一アルミテープの糊が浸み出してもアンプを汚しません。



shield2


実際に試してみたところ、効果を実感できました。

2010.02.17 | | コメント(1) | トラックバック(0) | audio

とばっちり

外気温が20度Cになったり、零下になったり、その度にTシャツ一枚になったりコートを着たり。

すさまじいのは、気温だけじゃなくて、外圧もすごいですね。

数年前、危険部位が含まれている可能性があるとして、日本が牛肉の輸入を止めたときに、報復として日本からのタイヤの輸入を苛めようとした国ですから。牛肉とタイヤは何の関係があるのか私は???でしたが、貿易の規模が同等だからというのがその理由でした。

以下はいつも如く、私の勝手なつぶやきです。
基地問題の報復って一体何がやって来るのか?と思っていたら、政治の中心人物を攻撃した後は、今度は産業の中心を攻撃。
世論をうまく形成して煽ってくる、お得意の手法。
いわゆる、とばっちり、というものですね、これは。
それでなくても彼の国発の長引く不況で元気が無くなっている時に、いったい何と言う仕打ちでしょうか。
口惜しいですが、黒船ペルー来航以来、やられっぱなしです。

とりあえず、我々庶民にできることは、彼の国が操作する世論に同調しないことでしょうか。
日本人なのだから、日本の味方にならないと。


2010.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。