Oh! Nokia ---NM706i---

春となり、という感じで最近ちょっと暖かいですね。

携帯電話SO902i水没から2週間ほど経ちました。
液晶のシミが少なくなった以外は、特に変わりなく、携帯スーパーライトユーザーの私としては、このまま使い続けても良いのですが、このSOには使いはじめからの唯一の不満がありました。

特に自宅の中で使うと、少なくない頻度で通話が一方通行になるのです。
少し電波事情の良さそうな所へ移動しても、状況は一定ではないし、何よりも一番使用頻度の高い仕事部屋が最悪。movaの時は問題なかったし、FOMAのせいかというと、家族のFOMAは何ともなかったりするので、やはり電話機個体か機種の問題なのでしょうね。

というワケで水没を機に、機種を物色してみました。
そろそろ、バリュープランにもしたいしね。
docomo継続として、
主流の折り畳み式が好きではないので、スティック(ストレート)タイプで、
小さくて、シンプルで、かっこ良くて、安いヤツというと、ほとんど選択の余地はなく、NOKIAとなります。(NM706i)
この機種、ネットで評判を調べると電池の持ちが良くないらしいのですが、私のような 「すーぱーらいと 」な使い方なら結構持つのではないか、と期待。

機種選びにあたってはSEASな二人を特に参考にさせていただきました。

NOKIAを附近の電話専門店や、家電量販店で探すとすでに全く在庫はなく、ちょっと値段が高そうな気がして敬遠していたドコモショップへ行くと、ありました、ありました。価格を尋ねたところ、結局家電量販店で聞いたものと変わらず、オプション加入も強制されないので、結果的にこちらの方が良かったデス。

家電量販店は、表示価格が安いけれども、話を聞いていくと結局表示価格より高いか、オプション加入強制が待っているのですが、このドコモショップは、表示価格が高いんだけども商談すると実際はかなり割引が適用されるので、取り引きとしてはこちらの方が気持ちいいですね。


NOKIAの使い方は、国産のモノとかなり違い、少し取説を読んで習熟する必要がありそうです。事実、店でSOから移動した電話帳を確認してください、と言われましたが、慣れ親しんだSOのように入力しても、画面は、あらぬ方向へ(笑)。

とりあえず、家に持ち帰って後で取説を読もうと思っていたところ、NOKIAの液晶がぴかっと光って、何やら音楽が。電話着信のようです。。。電話の受け方、、、し、知らん。。。と一瞬びびりましたが、電話を受けて話すくらいは、普通にできました。

私が3代にわたって使い続けたSOシリーズのソニーエリクソンはすでにドコモを撤退しており、今度のNOKIAも、このNM706iを最後にドコモを撤退するそうです。
私は撤退機種好きなんでしょうか~。

---撤退が決まっているNOKIA の いまさらレポート は続く予定 ---

次のNokia記事へ

スポンサーサイト

2009.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | nokia

告 2月TROY

1月の練習日は、バラクランジャンの長めのイントロをやってみました。
長いので、途中で集中力が続かなくなってしまった人もいたかも。。。
なんとなく、そういう空気が漂ってましたが、一応3月まで繰り返してみたいと思います。

2月11日(水・建国記念の日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム:バラクランジャン& ジョレ 、ソリ

2009.01.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

いけるかな? その2

ケンケニのおつぎは、これ。

寒い先日の午前中のことでした。

トイレに入って、ちょっと前かがみの姿勢になったところ、愛用の綿入れ半天の内ポケットから、直球で携帯電話が飛び出して、ストライク!で全身水没。

♪まっさかさ~ま~に、堕ちて♪

なんて歌っている場合じゃない。
普段なら間違いなく手を突っ込むのに躊躇する水たまりに、迷わず手を突っ込んで電話機を引き上げると、液晶画面は、すでに末期的症状を表していました。

すぐに電池とカード類を全部抜いて、水分を拭き取りました(トイレットペーパーでね)。
そして、電話機を振って水を切る。
そして、用を足す(関係ないか)
で、ドライヤーで乾かす。
電池を戻して、電源を入れてみるが、反応なし。
そこで、インターネットで対応策を検索したところ、エタノール液中に電話とドボ漬けにして吸水させて一緒に蒸発させるという方法があったので、エタノール液を買ってきて処置をする。
一昼夜干す。
電池を入れて、電源投入。
立ち上がった!めでたし。

現状は、
アドレス帳吸い上げOK(PCと通信)。
通話OK。(相手の音声がちょっと歪っぽいが、相手によっては歪まない)
メールOK。
充電OK。
i-mode OK。
アウトカメラはNG。でもインカメラは動作する。
液晶がちょっと染みっぽいが、日ごとにきれいになって来た。
という感じです。

機種は ドコモ SO902iです。
エタノール液は 99%のものと、80%のものがありましたが、ちょっと奮発して99%エタノールのものにしました。

私はカメラ機能はほとんど使わないので、現状で問題ありませんが、特に電池廻りにトラブルがあるとまずいので、安い型落ち機種があれば買い替えたいとは思っています。
が、今はけっこう端末価格がお高いんですね。

2009.01.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

いけるかな?

先日、リングがずっこけてしまったケンケニの修理をしました。
リングを作りなおして、3日ほど浸水させた牛皮を取り出し、今回は片面ができているので楽勝、と思いきや、皮の中程に小さな穴を発見。
皮を切り出す時に気をつけてはいたのですが、ここに至るまで気がつきませんでした。

少し悩みましたが、このまま張って、パッチを当てることに決定。
ジェンベの場合は、手の当たりを避けるために裏からパッチを当てますが、ケンケニの場合は表から張るしかないですね。

現在、乾燥が済んでピッチを少しづつ上げているところ。
叩くと振動でパッチが取れてアウトになる可能性はありますが、実際に使う方は、念のため、しばらくパッチ側は叩かないでね。

2009.01.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

1月TROYのお知らせ

寒い日が続きますね。
今年の初TROYです。

1月18日(日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム:バラクランジャン& ジョレ 、ソリ

今回は、ケンケニの修理が間に合えば、バラクランジャンを主に、の予定。

2009.01.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

まかふしぎ 賞味期限

昨年末にリングがずっこけたケンケニを修理すべく、牛皮を浸水させました。この牛皮は、ちょっとニオイがきついので、基本的に外(軒先)で作業します。。。

さて、昨年、賞味期限偽装などが社会問題になっていましたが、この賞味期限というシロモノは昔はありませんでしたね。
実はこの賞味期限というのは、消費を増やすための策略だった、という説があります。
つまり、まだイケルのに捨てさせる、という悪魔のようなモノサシが賞味期限というわけです。
捨てさせる=ゴミを増やす、というのが経済成長というのであれば、経済成長というのは、ゴミの大量生産のことか、、、はぁ。。。。。

実際のところ、賞味期限がかなり過ぎても、食して大丈夫なのは、自らの人体実験で明らか(笑)。


というわけで、仮にいま、

「賞味期限なんてインチキだ」

としましょう。

そうした時に、一度発行した賞味期限を(まだイケルから)書き直す、という昨年散々こきおろされた行為は(元々インチキだったものを修正?するという意味で)、一体本当に悪なのかどうか、と考えてみるとワケがわからなくなってきました。

こんな、悪魔のようなモノサシは、いっそのこと無くなってくれればいいのに、と思いますが、景気対策としては明らかにマイナスなのだから、賞味期限撤廃法案などという法案は出てくるワケはない、ですね。

2009.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

初出演のこと

暮れのNHK紅白歌合戦、ミスター・チルドレンの演奏が突出して良かった、と私は思いました。
派手な衣装や演出が多い中、ミスターチルドレンは地味な服装ですが音と音楽構成が良かった~。
何か「来るモノ」がある、というヤツです。

明けて平成21年(2009年)。

私が主催している自主練的な練習会も、はや4年目に入ります。
練習会を始めた最初の年のことですが、思いがけず、たくさんの出演依頼をいただきました。

最も印象深いのは、最初の出演です。
当時、思わず依頼を受けてしまったものの、まともに演奏できる曲がない!ので、話が決まってからかなり頻繁に集まって練習しました。音も全然出てなくて(今もたいした音は出ませんが)、タイミングもけっこうズレまくっていました(今もズレます)が、何とか当日までに人サマに聞いてもらえるものを!、ということで出演が決まった3人が懸命に集まって練習していたと思います。
裸電球にマイクを縛って吊して録音して、自分達の音チェックしたりしてね。。。

その初出演当日の音は、自分自身の感触としては、その後の出演に比べても一番デキが良く、会場で聞いていただいた方々から返って来る拍手も一番暖かかったと記憶してます。

残念なのは、出演当日、出番を前にして音量の件で主催者とモメたことで、用意していた5曲中、2曲演奏したところで、退場しました。当日は気持ち良く5曲やりたかった~、と残念に思ったのを覚えていますが、後で考えるにボロが出る前に止めて、絶妙の引き際だったのかも知れません。

あの初出演とその後の出演で違うのは、気持ちがこもっていたかどうかに尽きると思います。
我々も非常に遅いペースではありますが、演奏技術自体は少しづつ上がって、全体のレベルは微妙に上がっているとは思いますが、どうも音楽のデキとしてアレを越えられない。
我々のような万年初心者のような集まりであっても、演奏技術は、表現を広げるためのもので、上手くなっただけではモノにならない、ということが良くわかりますね。

年頭にあたって、今年何とかアレを取り戻したいナ、と思っています。

トラックバックURL:
民俗音楽検定???!!!

2009.01.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | たいこ

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索