スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ソンソルネ(ソンソネ)

年も押し迫って、今日やっと年賀ハガキを買ってきました。

TROYのリズムの切替えは4月ですが、ボチボチ来年のリズムを何にするかという話しもチラホラ出てきました。
で、ソンソルネ(ソンソネ)をやりたいという声があがりました。
実は、私もこのリズムは好きなのですが、内心どうも避けているトコロがあります。

一度挫折しているという、過去もありますが、それよりも。。。。

この曲のジェンベの伴奏パートは、トンとスラップの叩き分けがきちんとできていないと、タダの連打になってしまうんです。他の曲でも、ジェンベの音がきれいに出ないと良くないのは同じなのですが、ソンソルネは特にミジメ。

でも、だからこそ、良い音が出るようにソンソルネをテーマにしてみては、という非常に前向きな発言が出て、グラっと来ているトコロでアリマス。。。

スポンサーサイト

2008.12.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

エンジェルボイス

昨23日夜のTROYで、最新作のケンケニのリングがずっこけてしまいました。
リング(手製)の径が少し大きくてズレてしまったため、そのずれた理由も自分ではわかっていて、いつかはこういうことになるとは思っていましたが、予想よりも早くその日が来てしまいました。

ずっこケンケニ。。。
片面、リングを調整して、皮の張り直しですね。

ドゥンドゥンは、同時に両面張る+皮が厚いのでちょっと難易度が高いですね。
オマケにケンケニは径が小さいので、厚い皮は辛いデス。

今回は、練習時に、久々にエンジェルボイスを聞きました。
だれも歌っていないのに、歌声が聴こえるというアレです。私の場合は、いつも子供の声。
でも、以前のように、長く歌い続けてはくれなくて、ホンの一瞬で去ってしまいました。
いったい、どうしたというんでしょうね。。。
昨日の練習会見学の方が来ていたのですが、彼女が連れてきたのかな?

2008.12.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

備えたいもの

師走も半ばですが、天気と時間を選べばまだまだ外で叩けます。(笑)

米のビッグ3が危なくなってきました。
近い将来、お金とかの価値とかがガラっと変わってしまうかも~、と想像していたら、今一番備えたいものは、畑です。
畑だけあっても、そこに通うのにクルマが要るようではこのご時世話にならないので、家付きの畑がいいですね。
願わくば、ちょっと音出しできる環境がいいです(笑)

などとちょっと危機的な将来を想像していたのですが、電気店の店頭でipod toutch をいじってみたら、欲しくなっちゃいました~。ipod toutch、危機的な状況では、あまり役に立ちそうにないですが(笑)

2008.12.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

未明の(b)

ここのところ、日本の首相が短命になっているのは、かなりの部分マスコミの報道が一役かっているのではいか、と思えてきました。また、イジメのお手本がマスコミの報道にちらちら見えてしまうのは私だけでしょうか。。。

先日、友人のお誘いでJazzライブに行ってきました。
sax と bass のデュオというめずらしい構成。
ベーシストは金井英人さんという方なのですが、年齢がたしか77才と紹介されていました。
77才で現役というだけでも驚きですが、演奏や構成からとても自由な発想が感じられ、さらに前衛的と思われるところも。それに茶目っけもたっぷり。
一般に加齢にはマイナスイメージがつきまとうけれども、そんなことはない、自分次第だ、と明るい未来を示してくれたライブでした。

こちらは金井さんリンクの例です。

2008.12.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

液晶TVふたたび

師走に突入しました~。

提出物というのは、期限が迫って来ないと出す気になれないもの。
「ねんきん特別便」は、大分前に届いているのですが、提出期限がわからないので、まだ手もとにあります。
私の場合は、記録が合っていた!(複数の知人に聞いたところ、それはめずらしい事のようです!)ので、なおさらです。記録が間違っていたら、すぐに提出するでしょうね。
でも、返信用封筒の差し出し有効期限(切手を貼る必要のない期間)が来年の3月31日となっているので、その辺が目安かな?

ところで、先日、出張先のホテルの部屋のTVが液晶地デジだったので、初めて電気店以外の環境でじっくり見ることができました。
解像度が非常に高く、くっきり鮮やかです。

でも、私に言わせると、この絵は「造花っぽい」という表現がぴったり。
ホテルの明るくない環境で見たので、それが良くわかりました。
やっぱり好きになれません。

TVの電源を入れた瞬間の画像が、いきなり2時間ドラマの死体のアップ(血だらけ)だったのも、液晶TVにとっては不幸なタイミングでした。
被写体自体(ドラマの死体のことです)がイミテーションな上に、造花っぽい液晶の画像。。。
う~ん。。。。

所詮、平面上で現実を表現することにかわりないワケで、いくら微細に突き詰めても限界があるような気がします。だから適度な曖昧さがある方が、私には心地よく感じるのかも知れません。

今のところ、修理後のわが家のブラウン管TVは快調ですが。。。

2008.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。