スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

すぇ~式日本語

広い売り場面積をもつ家電販売店などに行くと、小さな子供が走り回る。無理もないと思いつつ、親御さんが、こらっと諭す風景は遠く昔のものになりつつあります。これをたまたま居合わせた他人が注意しようものなら、親に睨まれる時代。。。

ま、子供はまだいいのですが、今やその店の店員が走る時代(笑)。急いでいるのか、店内の見通しの悪い交差点?も減速なしで、一直線。
私(一応「客」)なんぞは、動くシケインのように、走る店員にかわされたことがあります。
小さな子供と違って、ぶつかると、かなり痛い目にあいそうな猛速度です。


こういう店に行くと、大概、店員の

「、しゃっすぇ~」(尻上がりのイントネーション)

というご挨拶を何度となく聞くことになります。
どうやら、「いらっしゃいませ」の省略形のようで、もっとベテランになるともっと短く

「すぇ~~」

となる。


さらに、この店で実際に買い物をすると、

「、、ざぁしたっ。」

という感謝の言葉を聞くことになる。

もうちょっとしたら、「すぇ~式日本語」という本が出版されるのだろうか。

昨今有名なKY式(新聞に出てしまった時点でおそらく終わりなんでしょうね)、あれはちょっと隠語っぽい楽しさが感じられるんですが、「すぇ~式」はかわいくもなんともないですね。
だいたい、アレが許されるという職場自体がおかしいんじゃないの???

少し前に盛んに報道されていた「千円からお預かりします」は、マスコミのおかげで最近ちょっと少なくなったような。。。だから、「すぇ~」も是非マスコミ様に取り上げて欲しいものだ。

今日も最後まで、読んでいただき、
、、ざぁした。


続きを読む
スポンサーサイト

2008.03.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

自転車に乗って~

♪じてんしゃにの~って、ベルをな~ら~し~♪、楽団Halakalaさんのライブに行ってきました。
(あ、オレの自転車にベルは付いてなかった)
月の出の刻頃、会場のナマステまで、自転車で約30分、ちょっとまだ肌寒いですが、こんなことができるくらい、暖かくなったんですね。

Halakalaの音は、フォーク、ブルース、ロック、民謡、インド音楽などいろんな音楽を吸収して、独自の世界を作っているような感じで、想像していたよりもずっとパワフル。ヴォーカルがスキャットに入ってリードギターと絡むあたりが、とってもヨイのです。カリンバ+ヴォーカルという組み合わせも新鮮でした。また、昔の日本家屋というナマステさんの独特の会場でもって、あれだけの音を作ったミキサーも素晴らしいですね。

ま、あの会場は定期的に我々が音出しに使わせてもらっているので、家屋自体が音慣れしていて、エージングされていたのかも(笑)


続きを読む

2008.03.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

タイミングのズレ

あれは昨年の春ことでした。
所有しているバイク(M900)の車検を、自走でユーザー車検を通して来ました。3回目だったので、車検自体は割りと?(笑)スムーズに合格。
しかし、その帰路にミッショントラブル!。でも何とか自宅まで到着。

自分で、できることは、何でも自分でやらないと気が済まない私の性格と、仕事の忙しさがあいまって、故障箇所を確認して(ギヤシフト機構のリターンスプリングが折れてました)、部品を注文、組み直した時はすでに年末(笑)。ところが、エンジンがかからない。バックファイアの感じからして、点火タイミングがずれているみたいなので、故障箇所に到達するために外す必要があった、点火コイルピックアップと、フライホイールの関係を何度か見直し微調整したのですが、やっぱりダメ。ここまで、シビアなわけはないんだけど、とつぶやきながら。。。

結局のところ、原因は、クランクシャフトとフライホイールの位相が合っていないという、とってもお馬鹿さんなところにありました。ワタクシ、何度か国産車のフライホイールを組んだことがありますが、それは両者が一意に合うようにしか組めないようになっていたので、今回もその調子で組んでしまったのです。ところが、このイタ車はスプラインの歯の数だけ何通りにでも組めるんですな。
まぁ、メデタクこれで、エンジンは久々に生き返りましたが。

で、ここから、話しが何故かタイコに(笑)


続きを読む

2008.03.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

禅とたいこ

先日書店にMacの本を探しに行ったのですが、自分に丁度良い本がなくて、あきらめて書店をふらついていたら、平積みにしてあった禅の本に何故か引力を感じて、それを買い求めて帰りました。
Macが禅に化けたワケですな。(笑)

この本、平易な文を織り混ぜているので、比較的読みやすいのですが、その道の坊さんが一生をかけてたどり着いたところというものが、一度本を読んだくらいでわかるはずもなく、現在3巡目に入っております。

で、まぁ、「何で叩くのか」と問われれば、「楽しいから」って答えるんでしょうが、もう一鋤入れて考えると、(考える必要はないのかも知れませんが)あれは一種の自己表現ですね、きっと。自分で意図する/しないにかかわらず。。。

例えば、虚栄心が入った音、誇示的な音、自虐的な音、事なかれ主義の音、自信がない音、早く終わんないないかなと待ってる音(笑)、等々だいたいアタマで余計なことを考えると、ロクな事になりません。

テクニックで出る音とは別のところで、打面ひとつのタイコは、想像以上に雄弁かも知れません。

気持ちがイイのは、そういうアタマで考える意図がなく叩いているとき、なのは間違いないでしょう。
となれば、かの本の著者の坊さんが、言っているのは、おそらくそういう風に叩けている時のように生きるってことなんじゃないかなぁ。。。
と3巡目に入って今のところは、その程度の理解。

久々に、繰り返し読む気にさせる本に出くわしました。

2008.03.11 | | コメント(4) | トラックバック(0) | たいこ

ipod を 開きにしました

長らく使っていた ipod photo ですが、最近電池が強烈にヘタったので、電池交換してみました。

ipod overhaul 1


上の画像が、ipodを開きにしたところ。(サムネイル画像をクリックすると拡大)
上段左がハードディスク、上段中が元の電池、上段右が新電池。
電池は新旧共に、Made in China でした。

電池を交換するだけの作業ですが、開きにするのにけっこう手間どりました。
分割部のツメの構造がわかるように、別の角度から撮影したのが下の写真。

ipod overhaul 2


あとは、元の電池が本体に接着されているので、本体を損傷しないように注意深く剥がす必要があります。
それから、電池のコードが基板の一部をくぐっているため、基板を本体に止めているネジを2本外す必要がありますが、トルクスタイプの工具が必要です。

以上、自分の備忘録のようなものですが、これから作業してみようという方に参考になれば幸いです。機種は ipod photo30G M9829J/A です。
電池の代金は千数百円でした。元の電池より少し容量が多いらしいデス。
今のところ、このipod は快調です。

2008.03.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

3/30臨時練習会

3月30日(日) 夜も練習できます。
参加できる人は、ブログコメント、メール、電話、mixi等で連絡ください。
募集期限は3/8(土)です。その時点で開催/中止を決定、この記事のコメントに結果を書き込みます。

臨時練習会ですので、いつもと違う感じにしても良いかと思います。
例えば、音出しをテーマにするとか。ご意見などもあれば、よろしく。

2008.03.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | たいこ

4月TROYのおしらせ

4月13日(日) 18:00-21:30 小田原市尊徳記念館 視聴覚室
予定リズム:バラクランジャン 他
予定は状況によって変更になる場合もあります。

なお、5月はディジュミーさんと野外ジョイント練習になる予定です。


2008.03.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

TROY第一期、終了

というわけで、一年ほど前に私が思いつきで作ったTROY の第一期目を盛況に消化しました。
一年間にたった2リズムしかやらないという、ほとんどの西アフリカンフリークには信じられないゆったりペースだとは思いますが、とりあえず一年もったというのは、ありがたいですね~。いい加減な主催者ですが、来期もどうぞよろしくお願いしま~す。

初年度は、結局ソリだけでしたけど、期末となった今回になって、実際のところ最初に一番「よくわからな~い」という感じだったhiRoさんが、結局期末となって一番よく覚えていてくれたという事実は嬉しい限りです。きっと夫婦パワーと、本人の覚えようとする気力ですね。

また、思ったよりも多くの人に、若干難解ぎみなソリのドゥンドゥン各パートに挑んでもらえました。
最初は、ソリのケンケニパートは自分も全然できなかんたんですが、ツボにはまると楽しいことがわかって、その楽しさをトロバさんに見抜かれて(笑)。。。どんどん伝染。
後半にケンケニを始めた人は、それまでジェンベを叩きながらケンケニの音のからみを無意識に聞いていたので、入りやすかったのではないでしょうか。

来期は比較的とっつきやすいバラクランジャンがメインとなりますので、ドゥンドゥンは難しそうだからと敬遠していた人も是非試してくださいね。

2008.03.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | たいこ

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。