感動の体験

カラモコ・カマラ氏(通称 モコ先生)のワークショップが藤沢で開催されていることを知り、勢いで早速参加してきました。オマケがあって、翌日モコ先生のライブが藤沢のイベントのトリであったのですが、その大トリでWSの生徒がバックで一緒に叩くというもの。
ちょっと、ワタクシは仕事がハードでしたが、無理矢理時間を作ってGO!


続きを読む
スポンサーサイト

2006.10.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | たいこ

Excellent !!! その3

タイコはやっぱり試し打ちくらいではわからないですよね。
ということで、普通に叩くとどうなるか。。。


続きを読む

2006.10.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

Excellent! その2

その後、日にちをかけて、ちょっとづつ皮の張りを上げてます。
一気に上げる体力が無いので~。筋トレしないとダメですね。
そしてやっと、パリっとした音が出始めるくらいまでになりました。
いい感じです。確信しました。
これで気持ちよく叩けそうです。
でも、これ冬季は指に簡単にひび割れができそう(笑)


続きを読む

2006.10.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | たいこ

Excellent!!

私が主に使っているカンガバの34cm(Lサイズ)のジンベなのですが、ここ2~3ヶ月間、しっくり来ないのだ。何というか、叩いていてもイマ一つ楽しくない。ピンと来ないというか。。。

音が良くないのはウデのせい、ピンと来ないのも自分がイマ一つ乗り切れていないからだとは思うのだけれど、そうとも言い切れないところがある。
もう一つ29cmのジンベ(Mサイズ)を持っている(波形を公表している方のタイコ)のですが、こっちを叩いている方が断然楽しいのだ。


続きを読む

2006.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

ストレス

どこの会社だったか忘れてしまったけれど、今度手の平に貼ってストレス度を測定するパッドのようなものを作ったらしい。

私は見てのとおり、理系人間なので測定モノは大好き。でも、ストレスは測りたいとは思わないな。
このストレス測定パッドで気になったのは、その測定原理。
人間、ストレスを多く受けると、手の平の発汗量が増えるという原理を使っているらしい。

最近、やたら手が乾燥する。スーパーの袋なんか、なかなか開けやしない。だから、袋を渡してくれる時に何気ないしぐさで、さっと袋の口をずらしてくれるレジ打ちの人は大好き(笑)。

ちょっと話の方向がそれた。。。
そう、やたら手が乾燥する。
年のせい、とばかり思っていたが、このストレス測定パッドの原理からすると、何と
「ストレス不足!」
ということになる。

そう言えば、この間のイベント出演の時、みんな手が乾くって言ってたなぁ。。。

2006.10.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ひとりごと

新生なるか

内輪の話ですが、2年間くらい主宰してきたタイコの会tantanの運用方式を、大幅に変えました。

そのわけは、
私は伝統リズムをほとんど練習のターゲットに選んできました。でも、伝統リズムはイマイチ ピンと来ない人もいるわけで、その中でずーっと伝統リズムをメインにやっていくと、だんだん鳴らなくなってくる。
でも、伝統リズムにピンと来なくても、タイコは好きなわけで。
これを、どう解決するかということで、「勝手に分科会方式」というのを考えました。あるメンバーが勝手にテーマを作って、気の向いた他のメンバーが参加するという方式。
○西アフリカ伝統リズム分科会
○フリーセッション分科会
とかね。

これを事実上の解散宣言ではないか、と思う人もいるかも知れませんが、私の気持ちとしては、言葉どおり、額面どおりです。こういう時、私は完全に直球で投げているので、そのまま打ち返してくれればありがたいです。

実際これで誰も動かなければ、会は自然消滅してしまいます。そういった危険性はありますが、最初に私が動くと、モトノモクアミなので、今は静観します。

放っておけば誰かが叩きたくなって動く、これを期待してます。

2006.10.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | たいこ

イベント出演

前々から準備していたイベント出演してきました。
当日の出演前にひとならししてみたところ、何とか格好になりそうという感触を得ました。というか、思ったよりイケテル仕上りです。土壇場で曲を楽な方に変えたのが効を奏したのでしょうか(笑)

さて、会場のホールに着いて、いきなり一番に出演。もうすぐ始まるというのに、女性メンバーが3人とも散歩に行って帰ってこないという一幕もありました。
で演奏なのですが、一発目のコールが入った時にたいへんなことに気がつきました。音がちゃんと聞こえないのです。何と言うか、音がエコーして「分身の術」をたっぷりと使って来ているので、本物がどれかわからない状態。
さらに、どこかで吸音されているような感じ。
実際、ワタクシはすぐには入れませんでした。
それでも、演っている内になんとか本物が誰なのか細々と掴めてきました。しかし、「細々と」なので、皆の手を見て何とか聞こえない音を補って保つと言う感じ。
やっている方がこんな感じなので、聞いている方はワケがわかららなかったでしょうね。
でも、皆それぞれ短い間に不測の事態になんとか対応していたのでマル。

ウチらの次のプログラム、岩手の民舞は良かったです。特に、長いバトンのような物(事前に説明があったけど、失念)を持って舞っていた子が、足の先まで動きがしなやかで、やわらかくて、リンとしていてムダがない。さらに磨きをかけて欲しいものです。

この「ひとつしかない地球 こども広場」というイベントは、子供たちが司会や進行、準備やかたづけなど色々なことを担当していました。子供たちには良い体験になったことと思います。

私たちも、直前リハ~打ち上げまで、気持ちの良い一日でした。

2006.10.16 | | コメント(10) | トラックバック(0) | たいこ

実はことば遊び

「たいこうつ」の話がありましたが、実はあれはどちらかと言うと「言葉遊び」の意味合いが多かったのです。「打つ」と「欝」というのを思い付いて、あ~面白いな~、と思ったらもう使いたくてしょうがない。文字媒体ならではの面白さもあるし~。

それで、あの日ちょっと調子が出なかったのにくっつけてしまおうという姑息なことをしてしまいました。

が、この「欝」という文字が強烈過ぎて、みんなにちょっと心配をかけてしまったトコロも無きにしもあらず。スミマセン。。。

(というわけで、ちょっと罪悪感もあって真相)

調子が出ない一番の原因は、むしろ歓迎すべきところにあります。皆で叩いているときに、自分の音と廻りの音を同時に聞くと思うんだけど、アドリブしている時には、聞く耳の配分がどうしても自分の音の方に寄ってしまう。
その配分を意識的に戻すようにしているんですが、そうすると手の方がちょっとおろそかになる。さらに、自分がちょっと外すと、伴奏パートが微妙に影響を受けるのをかなり敏感に感知できるようなこともあったりします。

そうなっちゃうと、自分の演奏への集中力がさらに落ちる。ようするにダメになっちゃうんだけど、既にこのこと自体を止めるのが困難になりつつあります。
実は、ダメになりつつも、面白いトコロもあって。。。
(結局やっぱり罪深い?)
一応、調和方向ということで良しとしてください。

2006.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

収穫の季節

昨日、初めて新米を炊いて食べました。
やっぱり、おいしい。
おとといまで17年度米、昨日から18年度米。このズバンと一気に変わるところがいいですね。年中この新米の味が続くと、新米の良さがわからなくなっちゃうから。

収穫の季節です。
収穫のリズムは、いろいろあったと思うけれど、あ~、レパートリーに一つもない!

2006.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

グラフで見るジンベの音 その4

8日の練習の時に、皆のタイコの音を録音、波形処理しましたので、以下で公開します。

グラフでは皆きちんと音が出ています。
これは実際のところ紛れもない真実なのですが、出ているところを探すのに若干苦労しました。一人を除いてほとんどワンチャンスです(笑)
逆説的に言えば、30秒~1分くらい叩けば、一発くらいはこのような波形の音が出ているということです。いつでも、この一発を引き出せるようになればいいですね。

ちなみに、今まで公開してきた私の波形も、もちろん良いところを選んで出しています(笑)良くない音の波形は、今まで見た感じでいうと、ピークがはっきりしない曖昧な感じの波形で、トンかスラップか見てもわからないといった感じです。

では、奏者や、タイコの個体や口径やチューニングによる周波数と波形の違いをお楽しみください。


てつや氏 BASS(ギニア32cm)



てつや氏 TONE
tetsu06oct08_tone.jpg


てつや氏 SLAP
tetsu06oct08_slap.jpg


ナルさん BASS(コートジボワール28cm)
naru06oct08_bass.jpg


ナルさん TONE
naru06oct08_tone.jpg


ナルさん SLAP
naru06oct08_slap.jpg


まきさん BASS(コートジボワール27cm)
maki06oct08_bass.jpg


まきさん TONE
maki06oct08_tone.jpg


まきさん SLAP
maki06oct08_slap.jpg


メグさん BASS(コートジボワール30cm)
megu06oct08_bass.jpg


メグさん TONE
megu06oct08_tone.jpg


メグさん SLAP
megu06oct08_slap.jpg

2006.10.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

タイコうつ

8日は、出演前としては最後となる集合練習でした。
当初思ったよりも、集合回数は多かったのですが、数が多ければいいってもんじゃなくて。。。
数やっても、変わらない(笑)、むしろ悪化?(笑)

というわけで、8日の夜ですが、ワタクシ最悪でした。
端的に言って、集中力なし。
タイコは、ありがたいことに、その時の自分を見事に表現してくれるみたい。
なんでそうなったのかの原因はだいたい想像がついているのですが、わかっているだけに修復が難しいというのも、かなり決定的です。
本記事のタイトル「タイコうつ」は「タイコ打つ」ではなく、「タイコ欝」です~(笑)我ながら、うまい!!!

ってなワケで、ワタクシはもうアカンので、ソロパートは全部てつや氏にやってもらうことにしました。スミマセンデス。。。ウチのチームは層が厚い(笑)。できれば、もう一層欲しいんですけどね。
非常手段を多用していますが、なんとか最終手段だけは使わずに済みそう。

2006.10.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

一日遅れですが




これもクリックで拡大。

2006.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

久々に青空のカケラ

本当に良く降ってくれましたね~。
今現在も小田原は曇りですが、雲の奥のそこに太陽があるのがわかるというのが、久々。
今年は、春から降り出すと止まらないというパターンが結構ありました。

日本GP開催中の鈴鹿も天気は大丈夫そう。
先週の中国GPは、見ごたえのあるレースでした。
雨天のレースは、ハンガリーGPでタイヤメーカーによる得手不得手が露呈。水が少ないときはブリジストン、多くなるとミシュランが強い。

中国GPも雨レースでした。予選は雨の量が多く、ミシュランが圧倒。決勝は全体的に水の量が少なくブリジストン有利かと思われましたが、ミシュランがきちんと対策してきていたようで、レンジを広げているようでした。

面白かったのは、レース終盤にウェットタイヤからスリックタイヤに変える時。タイヤ交換の時に皆フロントのダウンフォースを増やすように調整するんだけれど、ルノー(ミシュラン)がほんのちょっとだけなのに対し、フェラーリ(ブリジストン)は鬼のように増やす増やす(廻す廻す~)。クルマの造りによって、調整感度は違うとはいっても、いくらなんでもあんなには違わないだろうと思います。

晴天時のパフォーマンスは、今季後半はフェラーリがルノーを圧倒する傾向がありました。しかし、中国GPの雨天用タイヤのパフォーマンスを見た感じでは、晴天用タイヤでもかなり改善している可能性も予想されます。

ミハエルがチャンピオンになると、ドライバーの勝ち逃げ。
アロンソがチャンピオンになると、ミシュランの勝ち逃げ。
お互いに勝ち逃げは許さん!とばかりに、ドライバーズポイントは同点。
また、荒削りな速さを見せるクビサ。
ちらりと見える血統の良さと親父と違ってカワイイ顔のロズベルグ。
一勝して走りにやっと執念を感じられるようになったバトン。
見どころ沢山。

フジテレビでは今日の予選もテレビ中継!
鈴鹿での日本GPは今年が最後。来年からは富士スピードウェイ。放送局はでも、フジのままとうのがまた面白い。

2006.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

グラフで見るジンベの音 その3

その後、いろいろ条件を変えて録音と周波数解析を試してみたのですが、どうもipodのボイスレコーダーで録音していたのでは、まともな波形処理ができないのではないか?という結論に至りました。
ということで、手持ちの部品で別の録音を試してみました。

コンデンサマイクと、手製のマイクへの給電回路とノートPCとしてみました。これが録音装置の構成。緑矢印の先の小さい丸筒型の部品がコンデンサーマイクです。



サンプリングがボイスレコーダの8000Hzから、44100Hzと変わりました。分解能は16bitで同じ。

そして、波形処理してみたところ、大きく様変りしました。
もう、今までのは全部 無し。
ここからスタート!

タイコは今までと同じカンガバ29cm、チューンは少し緩めです。

bass(ドン、画像をクリックすると拡大)



tone(トン)



slap(パン、カン)



ついでに、しょぼい音ですが、音源をmp3に変換した音も~
http://blog53.fc2.com/


波形処理する環境としては、前回までとはもう雲泥の差!
あとは、音源(奏者)次第ということで~(笑)

2006.10.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | FFT

合点いかぬ

先日、「ためしてガッテン!」というテレビ番組で里芋の調理のしかたというのをやっていて、皮を包丁で剥かないで、くしゃくしゃにしたアルミホイルで、こすこすして調理した方が、うまみが芋の中に詰まっておいしいということなので、試してみました。

あの毛むくじゃらの里芋が、どんどん色白になっていって、最初の内は面白くていいんだけど、3個目くらいから飽きて来る。まぁ、すぐに飽きるのは、性格の問題なんだからいいんだけど。
問題は全部皮落としが終わったころからなのだ。

手がかゆい。
ものすご~く、かゆい。
とにかく、じっとしていられないくらい、かゆい。
どのくらいって、まるで土踏まずを10ヶ所くらい蚊に刺されたくらい。
どのくらいって、この状態でタイコをたたいたら、どんな速打ちも問題なくできそうなくらいに、かゆい。一瞬こりゃ、いいかもという考えがアタマに浮かんだけれど、やっぱりかゆ過ぎて良くない。

普通に包丁で里芋の皮を剥いた場合、私の手はいつも、なんともない。だから、このガッテン方式の問題は、里芋に触れている時間が長いところにあるに違いない。単に、特にかゆい里芋に当たったのかも知れないけど、別の芋でもう一回試してみる気分には、とてもじゃないけど、なれない。

よかったら、誰か試してミソ。
そして、結果を教えてくださいまし。

2006.10.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

降水確率20%

今日の午後は、お山のてっぺんで気持ちよく練習♪のはずでした。

一応昨夜に降水確率を見ると20%、まぁ、大丈夫でしょう、

今朝起きてから、もう一度確かめると 20%、曇ってるけど、まぁ大丈夫なのかなぁ。。。(空を見ると、けっこう怪しい)

そうこうしている内に、あれ、何か外の様子が?と思って外を見ると、ポツポツ来ている。で降水確率を見るとまだ20%。楽天的にもしかしたら、ちょっと降って、止むのかなぁと思ってたら、だんだん、しっかり降って来た。(この段階でまだ午前中)

今度は、ピンポイント天気予報で、家からさほど距離がないところである現地の天気を見ると午後の降水確率はゼロ。
ついでに、自分の家のところのピンポイント天気予報を見ると、これがまたゼロ。
この段階で、やっとワタクシもゼロなわきゃ無い、こりゃ大外れだぁ~と決意したのであります。

そして午後は、ちょっと止んだ時間もあったものの、ほとんどずーっと、しとしとと降り続いております。

朝起きた時の自分の(結果的に正しかった)直感があったのに、天気予報をアテにしてしまった自分がちょっと口惜しい。

2006.10.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索