スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今、酒気帯び運転は増えているのか

昨今、酒気帯び運転のニュースが盛りです。
根拠はありませんが、最近酒気帯び運転が増えているのではなく、酒気帯び運転のニュースが増えているだけ、と思います。

マスコミが、ある事件をきっかけに、旬なニュースを作り出して、次第に細かい事までほじくり出して報道する、という図式を私は想像してしまいます。ネタに飢えているようにも感じてします。

30年以上前にヒットを飛ばした「青い三角定規」を今更ほじくり出す必要はないんです。有名ブロガーのきっこさんは若いから知らないみたいだけど、私は覚えてますよ~。
「♪君は、何をい~ま~♪」
イントロで、Esusu4(だったかな)を使うところが新鮮でした。
何かのTVドラマの主題歌じゃなかったかな~、当時はやっていた青春ドラマの、何だったかな~???

閑話休題。

三菱自動車の欠陥の時もそうでした。たしかに、最初は欠陥のせいで、いたましい事故が起きたのだけれど、その後報道はエスカレート、三菱車がちょっとしたトラブルを起こしただけで、マスコミが殺到。

考えてみると、これは、よってたかって一人の人をいじめる、イジメの構図と似ています。
当ブログには、全く無縁です(笑)が、「ブログの炎上」というのも、同様。

また、模倣犯罪というのもよく目にします。最初の事件の報道さえなければ起きなかった事件というのも少なくありません。
「知る権利」とか「表現の自由」とかいいますが、マスコミには、自分達の社会への影響力の大きさを配慮して、あまりこと細かに取材して欲しくないものです。

ヤラセをするほどネタに飢えていたのだから、無理なんでしょうか?
被害者の遺族へのインタビューも、あんまりではないか!と思うことしばしばです。見るたびに、自分だったら絶対断る!と思うのですが、その時はまともな精神状態じゃないので何でも言うことを聞いてしまうのかもしれないですね。


スポンサーサイト

2006.09.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

想定外?

稲刈りの季節です。
収穫直前の田んぼは、風が吹くと稲がこすれ合う音とともに黄金の波ができて、秋~~~。

そして、苅られると、ぽっかり穴が空いた感じになる。

稲苅りは、田んぼによって日にちがずいぶん違うから、穴がまばらに増えていくんだけど、全部穴になっちゃうと、今度は冬が意識されるようになっていくわけです。


続きを読む

2006.09.26 | | コメント(3) | トラックバック(0) | たいこ

グラフで見るジンベの音 その2

第二弾です。
ちょっと打ち方を変えてみました。

先ずはBass(グラフをクリックすると拡大)



お次ぎは トン(中音)
k29_06sep21_tone.jpg


そしてスラップ(パン、高音)
今回は、主にこのスラップの叩き方を変えてみました。
前回に比べてピークの周波数が下がったものの、山が一つに集約されて、すっきり感がでました。
願わくば、このピーク周波数を、このグラフの530から、700Hzくらいに上げたいところ。(トンの2倍くらいが目標)
k29_06sep21_slap.jpg


続きを読む

2006.09.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | FFT

秋のお楽しみ

この植物が種の保存をする時に、こんな風になるなんて私は今のいままで知りませんでした。

びっくり。

(画像をクリックすると拡大します)


2006.09.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

うっ!

本来、この記事 (ゲセゲセ ジンベのみみかざり)のコメントにしようと思っていたのですが、何故がコメントを書くと「禁止ワードが含まれている」ということで、ハネられてしまいました。
放送禁止用語を使ったつもりはないのですが(笑)

ということでトラックバックにしてみます。

このゲセゲセ(セセ)ですが、私はロックバンドのperc.で参加する時は、けっこう使っています。一枚です。

西アフリカンなリズムを叩くときは、使ったことはないです。私はこの話を知らなかったのですが、それでもなんとなく恐れ多い感じがしていたのだと思います。

たった今知ってしまったからには、、、どうしよう。。。
困りました。


続きを読む

2006.09.19 | | コメント(5) | トラックバック(0) | たいこ

グラフで見るジンベの音 その1

先日、「目で見る楽器の音」大蔵 康義著 国書刊行会刊という本を東京に行ったついでに見てきました。いろいろな楽器の音を周波数解析した、めずらしい本です。欲しくなったのですが、購入はしませんでした。それはタイコ系の楽器が掲載されていなかったためです。

タイコ系の楽器は、音程をきちんと合わせることが無いというのが理由かもしれませんが、それならばティンパニーくらいは掲載して欲しかったところ。

さて、以前に予告した wave spectraによるジンベの音の周波数解析、第一弾です。理系じゃない人が見たら、「アホかこいつは」なんて思うかも知れませんが(笑)


続きを読む

2006.09.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | FFT

MSCカッコ良く決めた引退発表

昨週末のF1イタリアGPのMSC(Michael SChumacher:ミハエル・シューマッハ)が引退を発表。
GPを優勝で飾っての引退発表、は流石。


続きを読む

2006.09.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

始まる

昨日は暑かったですね~。
9月に入って一気に秋色になって油断していたところに、あの暑さは堪えます。
夜も、まとわりつくかのような湿気で、盛夏の時期より寝苦しかったので、今更ながらバテ気味です。
参りました。。。

来月に我々のグループのミニ出演があるのですが、やっと昨日その練習が本格的に始まりました。
こんな調子で大丈夫なのか???というのは、さておき。。。

本来は、こういった合わせの練習を普段の練習でやるというのが理想なんですけどね。さらに伴奏パート、ソロパートや、ドゥンドゥンのパートも廻してやってもらえるとベスト。
パートを動くことで、たとえあまりマスターできなくても、いつも別のパートをやっている人の気持ちがわかるので、良。

また、ドゥンドゥンをやってからジンベに戻るとちょっと別の感じを味わえるというか、世界がちょっと広がるのでオススメです。
また、私の場合だけかも知れませんが、ジンベよりもドゥンドゥンの方が楽器がなくてもトレーニングしやすいような気がします。(私自身、まだ良くわかってませんが)

イベント出演の直前だけがんばるというのは、どうも一夜漬けのテスト勉強みたいで、なんだかなぁ~という思いは無くもないですが、目標がないとがんばらないというのは誰もが多かれ少なかれもっている人間の性ってやつでしょうか。。。(笑)

昨日はドゥンドゥンx2で、バリエーションも入ったので、まぁ去年よりはちょっとは成長したかのなぁ。。。
練習も出演も楽しめるというのが一番ですが、より楽しむためには、よりトレーニングが必要みたいです。

さて、本番まであと何回練習できるのか?、一体どこまでイケルのか?そのこと自体が楽しみでもあります。

2006.09.11 | | コメント(11) | トラックバック(0) | たいこ

対称的な二人

一時は3点(4点だったかな?)セットとか言われていた問題の内、2つの事件の公判が相継いで行われました。

ライブドア事件の堀江氏。ビジネスの場では、絶対にしなかったネクタイ姿で登場。容疑には、徹底的に争う姿勢。
正装姿は、塗り固めて真相は絶対に見せないゾという意志表示にも見えなくはない。

建築強度偽装事件の姉歯氏。姿を見せる時は、ずーっとスーツ姿だったのに、公判では軽装で出現。しかもズラまで取っちゃって。容疑には、ほとんど暴露調の後述。
軽装&ズラなし姿は、おそらく、全部晒します、という意志表示なのだろう。

演出なのか、作戦なのかはわかないけど、あまりにも対称的な二人でした。

2006.09.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

目で見るジンベの音

近頃、wavespectraというソフトをちょくちょく使わせていただいているのですが、何をするものかと言うと、録音した音を解析して周波数分布をグラフにしてくれるものなんです(という表現で合っているのかどうかは自信が無いですが)。

このソフトを使っていたら、ジンベの音を録音してこのFFTソフトで処理するとどうなるのか、やってみたくなりました。

同じ人が違うタイコを叩いた場合の違い。
叩き方を変えた場合の違い。
同じタイコで、叩き手を変えた場合の違い。

などを波形で見ることが期待できます。

インターネットで検索すると、同じようなことを考える先人は当然いらっしゃるわけで、

「目で見る楽器の音」
By FTT analysis
ISBN:4336046255
・大蔵康義 国書刊行会 2004/04出版

手に取って読んでみたいものですが、田舎の本屋にはまず置いてないでしょうね。インターネットで購入できることはできるんですが、非常に高価!!!なようであります。

うまく処理できたら、そのうち発表します。

2006.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

藤野ART収穫祭

藤野ART収穫祭に参加してきました。

運良く、わちさんの主催する大月ジェンベ同好会の初出演に遭遇することができました。
とても良く練習していて、まとまっていたと思います。特にyankadiからmakruに入って、ソロを全員で廻したときの空気が私は好きです。社会人構成の同好会は、集まって練習する時間の都合もさまざま、趣味とのかかわりの深さも色々、また特にジンベの場合は「初めて」の方もいるでしょうし。。。同好会の皆さんがベクトルをうまく合わせた結果だと思います。

「じゃねんず」に初めて参加させていただきました。誰でもその場で参加できて、びくびく楽しめるという独特の楽しい場が実現!

出演したバンドはほんとうに様々な表現を見せてくれました。
そして、昼から夜になるとぐっと表情を変えるステージの背面を飾った作品、ステージの真上にぶら下がった謎の作品にも「びくびく」しました。


2006.09.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | たいこ

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。