スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

シュレッダーは刃物

シュレッダーで幼児が怪我をするという事故がマスコミで騒がれたのは、ほんのちょっと前のことです。
殆んどのマスコミがシュレッダーメーカーの対策不足を取り上げました。

私はシュレッダーはレッキとした刃物だと思うのです。オフィスでも、女性の長い髪や、男性のネクタイはシュレッダー危険因子です。


続きを読む
スポンサーサイト

2006.08.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

秘密練習

昨日は野外で集まって練習の予定だったのですが、仕事や諸々の理由で集まりが芳しくなく、私一人集合場所で待機状態になりました。一時間ほどだったでしょうか?

ただ待っていてもしょうがないので、待っている間、秘密の特別練習をこっそりと、ねっちりとやっていました。

テーマは音質改善。

どう打ったらどういう音が出るのか、何故右手君の音は左手君より音質が劣ることが多いのか、手の状態に意識を集中させながら叩いて実験していたのです。一人練習ならでは、ですね。

実験は、ある程度の成果を得て、かなりの手応えがあったので、皆(といっても計3人ですけど)が集まってからもけっこう気持ちよく叩けました。
まぁ、大概自分が思うほどは音は出ていないものですけどね。

昨日の成果を言葉で表現すると、
「手をリラックスさせてムダな力を抜き、かつ しっかりと打つと良い」
という風になります。なんか、ヨガやってるみたいな表現(笑)

しかし薮蚊にずいぶん刺されました。
しかも、蚊を仕留めた手でそのままタイコを叩いたら、打面に血がべちゃっとついちゃった一幕もありました。

2006.08.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

虫の楽園

kuroageha.jpg


ウチと道路の間には、わずかながら自由にできる土の部分があります。超ミニ前庭という表現がぴったりでしょうか?
現在この部分を基本的に放置しています。
でも、歩道に木や草が張り出した場合は、苅らなくてはなりません。
今年の春~梅雨にかけて、枝打ちと草刈りをして、その苅られたものを、この超ミニ前庭に積んで乾燥させ、カサを減らしてから処分しようと思っていたのですが、この枯れ草が虫たちの絶好の住処となったようで、近頃ではすずやかな音を聞かせてくれます。
というわけで、また、処分できなくなってしまいました。

写真は、手ブレしてしまいましたが、今日網戸のところにやってきた蝶です。
よくわかりませんが、クロアゲハ?

2006.08.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

夏の夕陽に向かって打った その3

。。。(続編です)。。。

そうやって、少年と私は延々と一つのタイコで会話を続けました。ちょっと一休みして、普通の会話をして、またタイコで話し合う。

母親は、ただ見守っています。このおかあさんの良いところは、ずーっと口出しせずに、黙って見守っていたところ。帰り際には、少年にきちんとお礼を言うように促して、また東屋の方に戻っていきました。

BBQのおじさんたちは、バンドをやってるらしく、ベース担当とドラム担当の二人でした。
私のジンベを見て、ドラマー氏「それ、モクドウですよね?」
私「もくどう?」
ドラマー氏「胴体が木ですよね?」
私は、ジンベは胴体が木に決まっているだろうと心の中でつぶやいたのですが、よくよく聞いてみたら氏は、グラスファイバー製のボディとプラスチックヘッドの物を持っているらしく、普通のジンベはあまり見た事が無いということがわかりました。

ハイ、木胴でございます。

ベース氏は、カホンを自作したことがあるということなので、私と嗜好の近い部分があり、いろいろな話をさせていただきました。

というわけで、とても印象的な夕涼みのひとときでした。

そういえば野外で叩くと、人が寄って来ることが少なくないです。ジンベには人を惹きつける力があるのでしょうね。

2006.08.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

閑話休題

kamos34.jpg


さて、何羽いるでしょう?

久々に携帯電話のカメラを使ったら、ご覧のように中央だけ露出が違ったような横線が入っていました。

2006.08.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

夏の夕陽に向かって打った その2

。。。(続編です)。。。
誤算はまだあったのです。

叩き始めてしばらくすると、遠くから少年が近づいてくるのが見えた。
私が、少年の方を見やると彼はちょっと物影にかくれようとした。
近寄り難さとタイコへの興味とが彼の中で綱引きをしているのだろう。

私は一度少年から目を離してみた。もちろんその間もずーとタイコを叩き続けている。
そしてまた、少年の方向を見やると、さっきよりかなり私に近付いてきているので、今度は手招きをしてみた。彼は一瞬だけ自分が今やって来た方向を振り向いた。おそらく親の承諾を得たのであろう。
ついに少年は、タイコの前にやってきた。小学校一年生くらいだろうか?

ここから私と少年は、交互に適当なフレーズを交換するように叩き始めた。
しばらく少年と楽しんでいたら、今度はタープでBBQをしていたグループから、おじさんが二人やって来た。
少年との遊びは、ずーっと続けている。
少年がおじさん三人に囲まれたため、流石にちょっと不安になったのか、今度は少年の母親がやってきた。
さらに少年との会話を続ける。。。

というわけで、一応先客との距離を100メーター程取ったわけですが、ジンベにとってはそれは音を吸収するための距離としては、全く何の役にも立たなかったわけです。今振り返って考えると、アタリマエの結果なんですけどね。

。。。さらに続く予定。。。

ところで、ブログのデザインを モノ黒風のものに変えてみました。
モノクロすぎるでしょうか?

2006.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

夏の夕日に向かって打った! その1

先日、夕方にかけて、とある海岸の公園で一叩きしてきました。
岸壁も兼ねている海岸なのですが、海に夕日が落ちて行くサマは風情があります。

公園に着いて、気持ち良く叩こうと思ったのですが、思ったより人がいたのが意外でした。
東屋の下でくつろぐ家族づれや、タープを張ってバーベキューを楽しんでいる人達がいます。
良い場所は、既に押さえられていたのと、付近で叩くと人によっては、騒音となってしまいますので、私は先客から一番距離がある、公園の端のベンチを叩き場所に決めました。
先客から百メーターくらいづつは距離を取ったと思います。

早速ジンベを取り出して打ち始めた瞬間に、私は誤算に気がつきました。
風情はいいんですが、岸壁があるので、音がけっこう反射してしまうんです。
でも、反射音のことは、あきらめて叩き続けていたら、それにも慣れて来て、だんだん気持ちよくなって来ました。
水平線に落ちていかんとする夕日も、ますます静かに橙の輝きを増していきます。

な~んちゃって。
というところで、続く。。。。。はず。。。

2006.08.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

Sangban ケースです!

5月に作ったサンバンのケースができました。
ストラップはギター用のもの。
ケースから出した時もそのまま肩にかけて演奏できるように工夫されています。
製作は、タイコ仲間のMさん。
ケースが完成して受け取った時、タイコ本体よりも、ケースの方が立派なので、ちょっとたじろぎました。

ちなみにケースの中身がどうなっているかというと、このように(「このように」の文字をクリックしてください) なっております。


sangban case photo

2006.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | たいこ

引越し?

今度こちらに引っ越してきました。

...かどうかは まだわかりませんが、しばらくこのFC2を試用させていただき、良ければそのまま居すわりたいと思います。
よく見たら、いつも良質なコメントをいただいている由木尾さんのアフリカンジンベ工房もFC2のようですね。

前ブログtantan diaryの方は、当初はグループを代表して綴ろうと思って始めたのですが、そんな意気込みはあっという間に忘れてしまい、完全に私の個人的ブログとなっていました。
そういう反省もあって、今回は最初から、個人のブログとして開設します。

というわけで、みなさん これからも よろしくお願いします。

2006.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。