スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

続) Philips シェーバー 二個一

前回の記事で、二個一にした、旧HQ8240 は快調です。

余った方の新AT891Aですが、電池と刃を旧HQ8240のものと入れ替えましたが、当然動きません。

直結してみたところモーターは問題ないようですので、SWではないかと思いついて、基板上でSWを分解掃除してみました。
写真の青矢印の部品です。基板から外さなくても、接点にアクセスできるところまで分解できます。

接点を磨いて、SWを元通りにしてみたところ、あっさりとシェーバーとして動作しました。

この基板を覆うように、防水カバーが取り付けられるのですが、この防水カバーが薄肉の樹脂製でツメで6箇所引っ掛けて溝部を圧着させてシールする構造になっています。分解の過程で傷めてしまったものと思いますが、このツメ部に一ヶ所クラックが入ってしまいました。
ので、防水性能は期待できません。
旧HQ8240の方は、このカバーはネジ止めですので、分解再組み立ては問題ありません。

シェーバーに限らず、時代が進むにつれ、分解再組み立て性は考えられなくなっていく方向にあるようです。
軽量化とか、コストダウンとか、デザインとかあるのでしょうが、私としては残念な傾向に向かっています。
特に、ネジを隠す(使わない)傾向が強くなっていて、それが美しいとは私は思いません。

幸い、この2台のPhilipsは外側のケースにはまだネジが残っています。おそらく廃棄する時にユーザーがリチウムイオン電池を取り出して処分できるようにと配慮されているのでしょう。

スポンサーサイト

2016.08.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

Philips シェーバー 二個一

フィリップスの電気ひげそりを使って6年、何よりも、動作音の静かさが快適。

電気ひげそりの主流、往復型の高回転タイプは、パワフルですが、動作音が騒がしい。
まるで、近所に、拙者今起きましてござる!と言いふらしているようだ。

最初に使ったフィリップスは HQ8240、5年使って、刃の切れ味もそうですが、バッテリーが満充電後5日くらいしか持たなくなったため、昨年末にAT891Aに買い換えました。

このAT891Aも、静かで剃り味もOK。
しかし、ここに来て、急に動いたり動かなかったり、になってしまいました。
メーカー保証期間中なので、保証修理は可能なはずですが、通販で購入、修理の段取りを調べると何やら面倒だし、4〜5千円のものを修理するのに交通費やら送料を考えると、複雑な気分。

買い換えるのも悔しいので、まず新AT891Aの刃を旧HQ8240に換装してみると、互換性がありました。
次に、新旧両機を分解すると、バッテリーの形状、電圧、種類も同じものでした。
ここで、新AT891Aの不調の原因は、防水になっているべき基板の部屋に漏水したためとわかりました。
水を拭き取り乾燥させましたが、治りません。
ここで、新AT891Aのバッテリーを旧HQ8240に換装すれば、刃もバッテリーもフレッシュなHQ8240が復活するではないか!と思い、ハンダこてでさっそく実施。

見事に、HQ8240が生き返りました。

このHQ8240は、AT891Aと機能的にはそう変わりませんが、ひとつだけ良いところがあります。
それは、バッテリーの充電分が終わっても、ACパワーをつなげば、すぐに使用できるところ。
AT891Aの場合は、バッテリーを使い切ると、急速充電で3分くらい待つ必要がありました。

この二個一作戦、たぶん問題ないと思いますが、問題が起きた場合は、またこのブログで紹介します。
真似する人はいないと思いますが、実行する場合は自己責任で!
後になって調べた事ですが、保証期間内なので、たぶんメーカーのサービスセンターに連絡すると(フィリップスの場合は)送料も負担なしで、無料で修理または新品交換してもらえます。

巷は現在、歓喜の銅、悔しい銀、スポーツ選手も色々の五輪たけなわです。

2016.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

悩ましい

参議院選挙戦は、たぶん今はタケナワなんだろうと思うけど、私が普段居る場所には、ほとんど音は聞こえてこないので、快適です。

政事には詳しくない無党派の私ですが、無視するわけにも行かないので、一応毎回投票はするようにしています。

毎回、悩ましいのは、「これだ!」という候補者は、居たタメシがないからです。

そ、こ、で、、、どう妥協するか、というココロの作業がありまして、

A.正統的な妥協策
 全部の政策が合う候補者は、いないので、だいたい気が合う政策の数で決める。
    → 私の場合、バラけて、うまくいきません。

B.こいつだけは、落としたい
 一番合わない候補者が有力な場合、次点的な候補者に投票。

C.無効票を入れに行く。
 これが一番、自分のココロに素直な表現で、一応投票率には(無関心ではないと)寄与します。
 でも、おそらく、権力者には、何も響きませんね。
 また、今回は「支持政党なし」と書くと、特定の政党に投票したことになる?ので注意。


B.の妥協は、時々使っていますが、今回の「野合」のように、政党側からそれを強要されると、自分の中の天邪鬼がムックリと起き上がります。また、候補者(または政党)が、「支持された」と誤解するのも、B作戦の難点。

直近の英国のEU残留/離脱国民投票で、事前情報で残留が優勢ということで、どうせならと離脱に投票したら、ホントに離脱になっちゃって困った〜、という衝撃のケースがありましたので、いい加減な逆バリの投票はできないということを学んだばかりですし。

ということで、今回は、新聞記事(選挙公報ではなく、候補者毎に均等なスペースを割り付けられた記事)から、候補者個人の人となりを読み取って判断、にしようかなと思ってます。
また、今回の投票日は、行けない可能性が高いので、期日前投票をしてみようかな、と。

2016.06.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

ひとりごとH28/5

最近の時事あれこれ

女子大生シンガー刺傷事件、犯人の思考回路にも驚いたけど、丁度その頃、伊勢志摩サミットで当地が警官だらけになっていたのにも驚いた。女子大生は、警察に身の危険を相談していたのだし、犯行は予告されていたのに近いのだから、サミットの中の一人の警官を、ライブ会場付近に配置できていたらなぁ。。。
事件を未然に防ぐためのサミット会場のオビタダシイ警備と、事件が起こってからじゃないと危険が予見されても相手にしてもらえないインディーズ。
こんなことなら、庶民から税金を取るのはやめていただきたい。


<スポーツ3選>

F1、レッドブルのリカルドが2戦連続ピット側のミスで勝利を逃してしまいましたが、リカルドへの評価は高い。
しかし、ロズベルグへの評価は(今季一番勝っているのに)不当に低いですね。全部ラッキー勝利だったとでも言いたげです。
昨年終盤からの、ロズベルグへの速さを、この2戦の結果だけで忘れてしまったのでしょうか?

冷たいと言えば、大相撲の大関、稀勢の里にも、またか!という風評がありますね。でも、ここ2場所の大関の成績は、充分に立派なもので、来場所も同等の成績なら、優勝しなくても昇進OKというのが私の勝手な意見。だって、白鵬以外の2横綱よりも成績が良いのだから。

プロ野球のDeNAベイスターズ。このチームのチーム防御率が今季は優れているらしいノダ!!
イメージとしては、大洋ホエールズの時代から、そんな話は聞いたことが無い。
こりゃ、たまげた。


<消費税>
どういう経緯があれ、増税が再延期されたのは、ありがたい。
ついでに言えば、デフレは脱却しなくて良い。多くの庶民は、収入は増えていないのだろうから、物価だけ上がると貧しくなりますね。
前回の消費税増税(5%から8%)で、景気が落ち込んだのも、むべなるかな。

景気はどうやっても回復しないというのは、ここ20年の実績があるわけなので、財政健全化の策はただ一つ、支出を減らすしかないのです。
我々庶民も、官にあれこれ要求するのは、止めましょう。

---以下5月31日追記---
<自動車の燃費>
自動車の燃費は、走行環境や運転のし方によって、大幅に変わるものなので、「正しい燃費」なるものは存在しない、というのが私の持論。
今回のM社とS社の不正は、「正しい燃費」を表示しなかったのではなく、「法令に定めた測定方法をしていなかった」というのが、正確な表現でしょう。

M社の方は「法令に定めた測定」に体して平均15%程度サバを読んでいたということですが、以前のリコール隠し問題に比べると、悪質度はかなり低いと思いますね。
おそらく、「またか!!!」という意味で、大問題になっているのでしょう。
このくらいのズルなら、個人なら、誰でも覚えはあるのではないか?と私は思っているので、今回の問題に関しては、私は、そんなにメクジラ立てなくても〜、という感じ。

S社の方は、「法令に定めた測定」をしていなかったことは謝罪、でも燃費表示は誤差範囲内としています。
もし、それが事実なら、「法令の方を変える」というのはどうでしょう?
そのココロは、S社の方法を正規にすればコスト節約になり、エコだから。

ま、プライド高き役人が、そんなの認めるワケないか。

それじゃあ、家電なんかの消費電力は、どうなんだろう、とは思いますが、そこら中で世の中が疑心暗鬼になっても、社会の雰囲気が不健全になって、会社の方はコストが増大するので、良いことは一つもありません。

というわけで、燃費とか消費電力は、ある程度の目安という見方をしようね!、というのが今回の問題から学ぶべきことで、一応「法令違反」ではあるものの、実質的には、そんなによってたかって吊るし上げなくても〜、と叩けばホコリが出てしまう私は考えてしまいます。

実質的には、白10%黒90%のM社の社長は退陣、全部クロじゃないと言っているTK都知事の白色度は如何に?

2016.05.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

せめて四公六民に

四公六民という言葉をご存じでしょうか?

かつての年貢つまり、税率といいていいと思います。

四公六民なら、民が100万円稼ぐと、40万円が年貢、残りの60万円が民のものとなる。

四公六民なら及第点、五公五民は悪政と言われたらしい。
4割も税金?と思われるかも知れないが、現在はどうだろうか?

高収入の人は別として、庶民の税率は、少々乱暴に言うと、
所得税10%,住民税10%、社会保険税15〜20% なので、これだけで40%くらいは行ってしまうのである。
さらに消費税8%、はほとんどの人が避けられず、
ライフスタイルにも依るが、揮発油税、酒税、タバコ税、固定資産税etc...
すでに、五公五民はカタい。長い歴史上の感覚からして、悪政である。

民が唯一節約できる(抵抗できる)税は、消費税、つまり、なるべく買わないことであるからして、消費税を上げると不景気になるし、庶民の税負担が厳しくなる。私の表現は、「庶民の」であって、マスコミが使う「低所得者の」ではありません。

そこで軽減税率ということらしいのですが。
先年、5%から8%に消費税を上げるときに、軽減税率を見送ったのは、「間に合わないから」という理由だった。
その時点で、軽減されるべき税率は0〜5%だったはずだ。

しかし、今度10%に消費税が上げられた場合に、軽減されるべき税率がいつの間にか8%とされてしまっている。
ヒドい話だ。いつの間にか、「軽減税率が値上げ」されている。

しかも、軽減税率の適用は「面倒くさい」と言った責任者がいます。
自分の仕事を「面倒くさい」と公然と言ってしまっては、終わりです。
「面倒くさい事」や、「自分にはできない事」をプロにやってもらうから、報酬でお返しするのではないですか?

それから、ガソリンやお酒を購入する時に、揮発油税と酒税に消費税をかけるのはやめてください。
揮発油税と酒税を直接消費しているのは、「公」であって、我々ではありません。

せめて四公六民にしてください。
そうしないと、すでに切りつめた生活を、我々は、もっと切りつめるしか、方法はありません。

それに、五公五民以上にヒドくなると、働く意欲が無くなります。
仕事は収入のためだけにやっているのではない、というのはわかりますが、凡夫としては、避けられない感情です。

せめて、四公六民にしてください。


2015.09.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。