スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ログイン項目の順番変更(Mac OS)

mac OS で、ユーザーのログイン項目にアプリケーションを登録すると、ログイン時に自動的に実行してくれる。
Unix で言うところの .login みたいなものだろうか。

しかし、このログイン項目の順番を変えたい場合はどうするか?
画面右上のアイコンをドラッグしたり、ログイン項目のリストでドラッグしたりしても頑として受け付けてくれない。


Finderで、(以降の操作は OS X 10.11.6 El Captainで試したもの)
~/Librarys/Preferences/com.apple.loginitems.plist
をダブルクリックすると、PropertyListEditorで上記plistが開いてくれる。
その中のCustomListingsというArrayの下に
Item0,Item1,Item2,Item3.....
という風に並んでいるので、それぞれのItemの中を確認して、Cut and Paste で順番を変えてやる。
その時 Item番号はPaste した時に自動で割り振られるので、数字を打ち替える必要はない。
plistを保存後、再ログインすると、めでたくログイン項目の順番が変わった。

Finderで ~/Library/が表示されない場合は、
Terminal.app から
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
として、設定後、設定を有効にするために
$ killall Finder
とすると良いみたいだ。

またまた、備忘録でした。

-----
ここから閑話開始。

今年は、自動車のF1でロズベルグがチャンピオンを取るか、大相撲の稀勢の里が優勝するか、どっちだ?と気をもんでいた私ですが、奇しくも両方とも同時にクライマックスを迎えました。
---決戦が始まる金曜日---
ロズベルグは、今年は運がいいだけだという言い方をする実況や解説者もいますが、昨年の終盤は圧倒の4連勝をしているし、何よりも、あまり速くないクルマに乗っている時代に、チームメイトがビックリの予選タイムを何度も叩き出していたのを覚えていないのだろうか。
稀勢の里は、取りこぼしがやや多いものの、強い。特に今場所は、先場所までの敗戦は横綱戦であっても取りこぼしだったのではないかと思えるほどの横綱戦全勝。また下位の力士に不覚もあるかも知れないけど、もうこれは、この関取の持ち味と言ってもいいのかも知れない。でも、相撲の強さは誰もが認めるところだから、少なくとも一度は優勝して欲しいナ。

いづれも、この週末で今季の結果が出る。

スポンサーサイト

2016.11.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC,Mac,Linux

Linux機からMac OSの共有フォルダをsmb mount の巻

macOS (Sierra)上に共有フォルダを作り、LAN で繋がったLinux(Plano Linux 64)からsamba mount しようと格闘したの巻。

現在2016年の mac OS は samba を標準装備していて、同一LAN上のwindows 機からは、このmacの共有フォルダは容易に接続できました。

そこで、Linux からも容易にマウント出来るだろうと

#mount -t cifs //macのIPアドレス/共有フォルダ linux側のマウントポイント -o ユーザーid

としてみたのですが、あれやこれやのエラーを吐き出して、なかなかうまくいきませんでした。

こういう時は、エラーメッセージを見る、/var/log/syslogなどを見る等でエラーメッセージをgoogleで検索して対処するのですが、どんぴしゃの記事が見つからず、なかなか解決しませんでした。

中でも一番最後 までしぶとく出てきたエラーメッセージが、

mount error(115): Operation now in progress

というもので、in progress ならやってくれても良さそうなものだが、エラーを吐き出した後コマンドプロンプトが出ているので、mountはせずに、終了してしまっているようです。

このLANは、市販ルーターを核にしていて、IP アドレスはルーターのDHCP で割り振っています。Linux,Mac,Win 共にDHCP で割り振るけれども、IP アドレスは固定というふうにしています。このルーター上で各PCに名前をつけているのですが、DNS 的な機能はないらしく、Linux からは名前でLAN上のマシンは認識できないようです。

そこで、試しにLinux 機の /etc/hosts にリストを記述してみたところ、あっさりとmaxOSの共有フォルタがマウントできました。

#mount -t cifs //macマシン名/共有フォルダ linux側のマウントポイント -o ユーザーid,uid=xxx,gid=xxx

コマンドラインの最後の uid=xxx,gid=xxx は、これを付記しない場合は、(mac側の共有設定にもよると思いますが)root所有でマウントされるようです。
$ id
でLinux側のユーザー、グループidを調べて指定するよ良いようです。

これでLinuxからmacの共有フォルダーをマウントできました。

2016.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC,Mac,Linux

続) Philips シェーバー 二個一

前回の記事で、二個一にした、旧HQ8240 は快調です。

余った方の新AT891Aですが、電池と刃を旧HQ8240のものと入れ替えましたが、当然動きません。

直結してみたところモーターは問題ないようですので、SWではないかと思いついて、基板上でSWを分解掃除してみました。
写真の青矢印の部品です。基板から外さなくても、接点にアクセスできるところまで分解できます。

接点を磨いて、SWを元通りにしてみたところ、あっさりとシェーバーとして動作しました。

この基板を覆うように、防水カバーが取り付けられるのですが、この防水カバーが薄肉の樹脂製でツメで6箇所引っ掛けて溝部を圧着させてシールする構造になっています。分解の過程で傷めてしまったものと思いますが、このツメ部に一ヶ所クラックが入ってしまいました。
ので、防水性能は期待できません。
旧HQ8240の方は、このカバーはネジ止めですので、分解再組み立ては問題ありません。

シェーバーに限らず、時代が進むにつれ、分解再組み立て性は考えられなくなっていく方向にあるようです。
軽量化とか、コストダウンとか、デザインとかあるのでしょうが、私としては残念な傾向に向かっています。
特に、ネジを隠す(使わない)傾向が強くなっていて、それが美しいとは私は思いません。

幸い、この2台のPhilipsは外側のケースにはまだネジが残っています。おそらく廃棄する時にユーザーがリチウムイオン電池を取り出して処分できるようにと配慮されているのでしょう。

2016.08.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

Philips シェーバー 二個一

フィリップスの電気ひげそりを使って6年、何よりも、動作音の静かさが快適。

電気ひげそりの主流、往復型の高回転タイプは、パワフルですが、動作音が騒がしい。
まるで、近所に、拙者今起きましてござる!と言いふらしているようだ。

最初に使ったフィリップスは HQ8240、5年使って、刃の切れ味もそうですが、バッテリーが満充電後5日くらいしか持たなくなったため、昨年末にAT891Aに買い換えました。

このAT891Aも、静かで剃り味もOK。
しかし、ここに来て、急に動いたり動かなかったり、になってしまいました。
メーカー保証期間中なので、保証修理は可能なはずですが、通販で購入、修理の段取りを調べると何やら面倒だし、4〜5千円のものを修理するのに交通費やら送料を考えると、複雑な気分。

買い換えるのも悔しいので、まず新AT891Aの刃を旧HQ8240に換装してみると、互換性がありました。
次に、新旧両機を分解すると、バッテリーの形状、電圧、種類も同じものでした。
ここで、新AT891Aの不調の原因は、防水になっているべき基板の部屋に漏水したためとわかりました。
水を拭き取り乾燥させましたが、治りません。
ここで、新AT891Aのバッテリーを旧HQ8240に換装すれば、刃もバッテリーもフレッシュなHQ8240が復活するではないか!と思い、ハンダこてでさっそく実施。

見事に、HQ8240が生き返りました。

このHQ8240は、AT891Aと機能的にはそう変わりませんが、ひとつだけ良いところがあります。
それは、バッテリーの充電分が終わっても、ACパワーをつなげば、すぐに使用できるところ。
AT891Aの場合は、バッテリーを使い切ると、急速充電で3分くらい待つ必要がありました。

この二個一作戦、たぶん問題ないと思いますが、問題が起きた場合は、またこのブログで紹介します。
真似する人はいないと思いますが、実行する場合は自己責任で!
後になって調べた事ですが、保証期間内なので、たぶんメーカーのサービスセンターに連絡すると(フィリップスの場合は)送料も負担なしで、無料で修理または新品交換してもらえます。

巷は現在、歓喜の銅、悔しい銀、スポーツ選手も色々の五輪たけなわです。

2016.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ひとりごと

スティックPC MS-NH1のwin8.1をwin10 にアップグレード

昨年から、マウスコンピューター製のスティックPC MS-NH1(Windows8.1)を使っている。
windows8.1は、このPCで遅ればせながらの初体験でしたが、噂にたがわず、好きになれなかった。
一番ダメなのが、デスクトップに入って、スタートボタンらしきものを左クリックすると、タイル画面に戻ってしまうところ。

よって、昨年購入してわりとすぐに、windows10へのアップグレードを行った。
これが、非常に難関で、普通にアップグレードしても、クリーンインストールしても、途中で止まってしまう。
あきらめて、windows8.1に戻して、我慢して使っていたのですが、もうすぐ、win10の無料アップグレード期間が終わるということで、再トライ。
isoファイルをダウンロードしに行くと、何やらwin10のバージョンが少し変わって、Win10_1511_2_Japanese_x32.isoに変わっているのと、新しい情報も得て、少し期待が持てる。

この時の、アップグレード時の状況は
BIOSバージョン M_A05
ディスクドライブのキャッシュ オフ(デバイスマネージャ/ディスクドライブ/KingstonS10032/プロパティ/ポリシー)
の状態で、isoファイルの中のsetup.exeを実行。
あっけなく、windows10 Home にアップグレードできました。(更新ファイルのアップロードはしなかった)

めでたく、windows10 になったものの、wifiが安定しない(接続しても、すぐに切れたりする)
そこで、次の対策を行った。
○電源オプションを、バランスから高パフォーマンスに変更。
○BIOSをM_A06_S01にアップグレード(マウスコンピューターのサイトから、シリアルナンバーを入れてゲットできます)
○Windows Update(KB3173428)
これで、今のところ大丈夫そうです。

なお、wifiが安定しないので、windows Updateは、USB経由で有線LANに接続して行いました。

2016.07.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC,Mac,Linux

«  | ホーム |  »

プロフィール

haji

Author:haji
ウエスト アフリカン ドラム ジンベ(ジェンベ、ジャンベ)の話題と、それと全く関係ない一般雑話
注:本文とあまりにもかけ離れた内容のコメントは、削除させていただくことがあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。